方丈の里2

日々 徒然に里に親しみ 世の様々に喝!!

阿呆な志位;民主主議を真っ向否定「自公と維新だけで改憲発議の危険」

2017年05月15日 | 政治
共産 志位委員長「自公と維新だけで改憲発議の危険」 NHKニュース (2017/5/13)





NHKニュース
共産党の志位委員長は、神戸市で記者団に対し、憲法改正について、「自民・公明両党と日本維新の会だけで、改憲の発議が強行される危険が生まれている」と指摘したうえで、安倍政権のもとでの改憲を阻止するため、民進党などとの連携を強化したいという考えを強調しました。
この中で、志位委員長は、安倍総理大臣が憲法を改正して2020年の施行を目指す意向を明らかにしていることに関連し、「これまで自民党は、憲法改定に関して、『野党第一党である民進党との合意が最大限必要だ』と言ってきたが、民進党抜きでも、自民、公明、維新、つまり、自公とその補完勢力による数の暴力で、改憲の発議が強行される危険が生まれてきている。絶対、やってはならない」と述べました。
そのうえで、志位氏は「憲法に対する立場の違いがあったとしても、立憲主義を壊す安倍政権のもとでは、憲法改定は許さないという点で野党4党は合意しており、力を合わせることが大事だ」と述べ、安倍政権のもとでの改憲を阻止するため、民進党などとの連携を強化したいという考えを強調しました。


野党第一党としての誇りなど 何処かへ置き忘れてきた 腐れ罠巣・・
いまや野党集団でしか無い奴等を、何時までも相手にして遊んでいる場合じゃ無い・・
安倍政権が そう見切りを付けるのは 有る意味国民の総意。
恣意にしても阿呆の論理を、大真面目にホザイテいる・・
国民の多数の信を得た政権に対し 数の暴力呼ばわり・・戯けが!
その数の暴力に対し 夜盗共闘によって政権に対峙する?
結局は 己等も 頼りとするところは 数の暴力か・・結局!
それを 人は ダブスタという・・
日本を 何処かに国のように 真っ赤に染める邪な野望を抱く 狂産党に、立憲主義を唱える資格など無い。
イヌアッチイケ~も こんな阿呆な発言を 電波に乗せるわ・・
良識のなさ・・こちらもモロだし!!




『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オバカ;レン呆チャン・・又... | トップ | 5月15日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日共がどんな政党か?の基本に立ち返りましょう (HAKASE(jnkt32))
2017-05-15 19:23:59
今晩は。まず、日共が戦後一貫して「破防法に規定の、テロ等の可能性ある要監視団体」
である事を、復習する必要がありますね。

今、審議中の「テロ等準備罪処罰法案」への絶対反対姿勢も、
本当の理由は、武力革命の可能性を放棄したくないから。

その為には、言葉を弄した危険な情宣だって、平然と実行します。

松井維新代表の「恐ろしい政党」のご指摘は、その辺りの危険を弁えての、
健全で至当なご見解です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL