方丈の里2

日々 徒然に里に親しみ 世の様々に喝!!

山口二郎が、蓮舫の戸籍謄本公開をと猛批判・・発狂の真意は別にあると見る!

2017年07月12日 | 政治

 民進党の蓮舫代表が自身の戸籍謄本を公開する方針を示したことについて、山口二郎法政大教授は11日、ツイッターで「政党の消長よりも、日本における基本的人権にかかわる重要な問題」と指摘し、「これは絶対に譲ってはならない一線だ。公的な活動、発言をするときに、自分は真正な日本人であることをいちいち挙証しなければならないなんて、全体主義国家だ」と書き込んだ。
 また、山口氏は「民進党は基本的人権の観念を理解しない政党なのか。日本の法律に則って選挙に立候補し、国会議員になっているという説明で十分ではないか」ともつぶやいている。
 これに対し、疑問を投げかけているのが蓮舫氏の「二重国籍」問題について批判を展開してきた評論家の八幡和郎氏だ。八幡氏は11日、自身のフェイスブックに「山口先生は何を恐れているのでしょうか。みんなで考えてみましょう」という書き出しで、「当該国の国籍法で許されない国籍のあり方である人が政治家である事を許す国はありません」「生まれてから現在に至るまでの国籍の異動について正確な情報を公開せずに政治家であることを許す国が世界中にあるとは思いません」などと指摘している。

矢張りこいつは 頭逝かれている。
基本的人権を云々する前に 法の下で,日本国籍を有するものと明確に謳われているのじゃねえの?
自国の政治を負托する上において、真正な日本人であることは,基本中の基本。
それは絶対に譲れ綯い。
日本国が 他国籍人によって統治されるような事があれば 国家の体を成さない。
こいつの全体主議国家の定義とはなんぞや・・
これが学者???
八幡氏曰く;「生まれてから現在に至るまでの国籍の異動について正確な情報を公開せずに政治家であることを許す国が世界中にあるとは思いません」
まさしく 正論。
レン呆が 国籍開示を拒否っている真意はべつにあると見る。
国籍云々よりも それを開示することによって、おのれの経歴詐称等々の 政治生命と断たれ兼ねないふの部分を 一番恐れている。
多分 開示することによって 一気に火の手が上がると覧る。
本人は 何とかクリア出来ると踏んでの決断だろうが・・・??
そうは問屋が卸しますかな?
ヨシフや この山口は そこらが判ってて,発狂していると思うがな!
面白いことに為りそう・・デス!
しかし この似非学者 いつ見ても気味の悪い眼光だね・・人間ともオモエナイ・・ブルブル・・




政治 ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍殺害を宣言したパヨクが... | トップ | 7月12日(水)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-07-12 16:11:18
爬虫類です。
山口ニ郎教授=「基地外」 (HAKASE (jnkt32))
2017-07-12 16:13:44
お疲れ様です。恐れながら、貴記事の某学者は、
拙タイトルの如くお読み下さるのが正解と心得ます。

多分こいつは、社民副党首の趙 春花参議事も、同様だと抜かす事でしょう。マジキチの、歩く反日ですね。
山口ニ郎教授=「基地外」 (HAKASE (jnkt32))
2017-07-12 16:14:51
お疲れ様です。恐れながら、貴記事の某学者は、
拙タイトルの如くお読み下さるのが正解と心得ます。

多分こいつは、社民副党首の趙 春花参議も、同様だと抜かす事でしょう。マジキチの、歩く反日ですね。

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL