気軽に茶道をしてます。

日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお菓子で
お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝えします。

お茶会の楽しみはお菓子(再送)

2016-10-01 08:16:44 | お稽古
*(写真を追加して再送しました。)
私がお茶の稽古を始めたのは、
中学1年の4月、先生は浄土真宗のお寺のおばあさま。
あの頃、お茶の稽古で一番の楽しみは、
なんと言ってもーーーーー 
御下がりの大きな練り切りや薯用。
家でいただくおやつと違って、
綺麗で上等な生菓子でした。
今でも お茶のお菓子は
大好きです。
目と舌で楽しめ
その上、想像力をかきたてられ
いただくと幸せになれます。
今度のお茶会のお菓子も
さっそく今日、
奈良『樫舎』さんに様子伺いに行ってきました。
今日のお稽古に使うのに
みよしの(葛焼き)と千代見草を買い
葛焼きHPより
お味見。(味見に心が、写真はありません)
お茶会にどうかしらと思い
麩焼きと銀杏葉の落雁も・・・

主菓子はよくいただいていますが
干菓子はいかがなもんでしょう?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「続・茶の湯の手紙」を手本... | トップ | 春日大社国宝殿開館ー千年の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL