気軽に茶道をしてます。

日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお菓子で
お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝えします。

雲龍釜に代え筒釜にて

2017-03-21 18:43:55 | お稽古
久しぶりの本降りの雨・・・気が滅入りますね。
でも、東京の靖国神社のソメイヨシノ桜に5輪以上の花が
平年より5日早く開花したと、嬉しい知らせになります。
昨日の大和郡山城の桜は、蕾が膨らみつつありますが?

奈良は3月31日頃だそうで楽しみです。

今日、朝は小間での釣り釜で誰ヶ袖棚の扱い
昼すぎから広間での立礼での自宅稽古の予定で、
今月は釣り釜、揺れる雲龍釜でも不慣れなのに、
蓋の摘(つまみ)は搔立釻[鐶](かきたてかん)
でもこの扱いがまた・・・

ということで・・・
釜を普段使いの筒釜に替えさせていただき、お稽古の
準備を始め、どうでしょうか? 
  
床は、『春』と
ぼんぼり香合、花は黒文字に紅白の椿を
 
主菓子は「引千切(ひちぎり)」を

あと少しで、お雛様も仕舞わなくては。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 椿餅をクロモジの花のもとで | トップ | つくしと「田道間守」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL