気軽に茶道をしてます。

日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお菓子で
お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝えします。

鳴子百合が咲きだすと、復興は・・・

2017-04-20 10:46:07 | 季節の花々
メールの一年前の記事のお知らせで気付きました。
記事は「被災地に『鳴子』が必要?」と、思い出しました。
被災地ドロボウが、一昨年の水害や東日本大震災に
引き続きまたも出現、悲しくなり・・・
咲いた鳴子百合をたとえ、比喩してみました。
TVから流れる現地はまだまだ、復興途上、出来る事は
消費支援を心がけることですね。
一例は炭酸水STRONGくまもと風土を購入し
風呂上がりや、相方のハイボールに重宝しています。

ナルコユリ花揺れ願うは復興よ
              愚句
今年の「鳴子百合」は八重椿の根元で一週間前に芽吹き
昨年よりやや遅いようでしたが、あっという間に伸び、
 4/16
今日20日朝にはもう小さな筒状の緑白色の花が垂れ、
 
週末の自宅稽古に使えるかもしれません。
忙しい中、先日も若い方々と交流する機会を持て、
お稽古できる嬉しさを日々感じております。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜散る京都の夜は「ミハル・... | トップ | 三色団子で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL