気軽に茶道をしてます。

日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお菓子で
お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝えします。

梅の土用干しの一日

2017-07-29 16:13:50 | 日記
今朝の良いお天気に誘われ、やっと梅干しの土用干しを
でも午後の降水確率40%、今日しなくては予定がたたず、
始めることに。
梅酢漬けですから、一つ一つ余分な水気をとります。

縁側で日に当てて干し、表面が塩で白くなるまでで、
昼にはひっくり返し、これを三日間繰り返します。
干梅の色あざやかに柔かし
          清崎敏郎
こうなればしめたもの、天候が心配ですが、
今年もうまくいきますでしょう。
 
相方には、こんなお願いしておきました。
”雨が降りそうなら、梅をサンルームにいれてください”と
縁側の梅を干しつつ空見あげ
              愚句
さあ私は、今朝のお稽古の準備をしなくては。
庭の花から、花期が終わり剪定した枝から小さく伸び枝に
咲いた「黒花蝋梅」、藪茗荷と木槿、木槿にはアリさんが
いないか霧を吹きしばし観察中、やはり二匹現れました。

床の花は釣り籠に
  
名水立てで、じっくりとお濃茶を、幸せな時間です。
でも時間はあっという間に過ぎ、午後一時、
お帰りしていただかなくてはね。
前後するように宅急便で、羽毛布団の作り直しの袋等が届き
後片付けもそこそこに依頼表を書いていると時間は午後三時
あわてて梅をひっくり返しに・・・だめです・・・
一つのことに夢中になると、忘れてしまいます。

こんなに忘れるとは、齢のせい?
そういえばお昼の冷やしうどんの薬味に、
庭で見つけた「みょうが」を入れたから?
  
俗には「食べると物忘れがひどくなる」と言われますが、
薬理学的には有効成分は含まれておらず、迷信に。
今日も一日が過ぎ去っていきます。
あっそうだ、思い出しました。昼過ぎに来た中学生の孫が
花火大会に行くのだと嬉しそうに、話しておりました。

出不精の相方を連れて近くの高台へ出かけましょうか?
今年初めての夏花火になりますね。とここで
四時過ぎに急に大粒の雨が降りだしました。
大慌てで、梅をサンルームに。又明日にしましょう。
相方は知らぬ顔で・・・”通り雨や” 
朝のお願いは何のため!ブツブツブツ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブダペスト旅行3日目王宮の丘へ | トップ | 花火 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL