気軽に茶道をしてます。

日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお菓子で
お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝えします。

立礼のお稽古も、大山蓮華で

2017-05-17 18:03:32 | お稽古
今日は薄曇りの一日、
遠くの若草山や春日奥山では若緑色が一段と映え、
日毎に、若緑色が鮮やかになってきております。
こんな番組を思い出しました。5/10にBSで放映された
失われた色を求めて~植物染め・伝統100色を今の世に
染色家の吉岡幸雄さんのご苦労が偲ばれました。

ところが私が安易に使っている「若緑(わかみどり)」は、
歳時記では「松」に限定され、松の新芽のことだそうで、
まっ すぐ空へ伸びるさまを緑立つとも
静さやゆふ山まつの若みどり
     闌更 「半化坊発句集」
 
一つ勉強させていただきました。

ところで、昨日の立礼のお稽古のしつらえは、
私より少し齢を召されている方々ですが、お仕事も現役で
大活躍、少しでも喜んで頂きたく、
朝にもう一輪咲きだした大山蓮華を活けてみました。
花被片は最大九つ、外側の三つは苞の一種だそうです。
  
こんなしつらえでのお稽古になりました。
  
愉しんでいただけたでしょうか?
そして少しでも香りも楽しめましたでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桑小卓(くわこじょく)にて | トップ | バイカウツギにアブラムシが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL