気軽に茶道をしてます。

日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお菓子で
お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝えします。

「柿羊羹・つちや」と粽で

2017-05-14 15:57:20 | 主菓子とお干菓子
今朝から良いお天気の中、車で大先生のお稽古に伺う途中
風でニセアカシアの花が舞っておりました。
季節が過ぎていきます。
 
今日は割稽古で、玄関先にはいつものように水がうたれ、
気を引き締め背筋を伸ばしますと、目の先には
緑色が一段と濃くなった若草山、そして
東大寺大仏殿の鴟尾が金色に光っておりました。
金色の鴟尾の眩しき五月晴
         中野千江


金色ではないですが、昨日の自宅稽古でお出しした
琥珀色の『柿羊羹』とこの季節の定番『粽(ちまき)』、
粽は頂き方が難しいので、一度は練習をしておきましょう。
 
この柿羊羹は岐阜大垣の「御菓子つちや」さんの代表銘菓で
創業は初代園助が1755年に興し260年以上の老舗になります。
この柿羊羹は四代目右助が岐阜県特産の「堂上蜂屋柿」の
濃密な甘味を生かすべく、干し柿から羊羹に仕上げられ、
竹の容器になったのは1896年に五代目祐斎からで、

細かい粒々の柿の果肉の食感と容器の可愛さも光ります。

先生のお稽古から戻りますと、プレゼントが届いておりました。
今日は「母の日」すっかり忘れておりました。ーアリガトウー
ストライプのエプロンと干菓子で作られた「母の日の花束」で

あの汚れたエプロン、みられていたのですね。早速取り替え、
干菓子はお稽古に使わせていただきますよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大山蓮華の蕾を活けると・・・ | トップ | 大山蓮華の花が萎んで・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL