気軽に茶道をしてます。

日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお菓子で
お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝えします。

ラーンキのB-dur(変ロ長調)のピアノは

2017-11-17 12:02:01 | 音楽
今朝の奈良は2.6℃とシーズン最低を記録し、霜が・・・
陽が昇るとあっという間に溶けだし、スムージーの
野菜葉を採りに出た時には、小蕪の葉には水滴だけ
  

遅かったのは昨晩、京都コンサートホールでの演奏会が原因?
30分早く帰れたのに・・・

一段と冷え込んだ京都の夜に響くピアノ、デジュー・ラーンキ
弾かれたハイドン、ブラームス、シューベルトによる多彩な
「B-dur(変ロ長調)」の音色に酔いしれた一夜かも。
HPより
若き20歳過ぎの1970年代には、A.シフやZ.コチシュとともに
「ハンガリーの三羽烏」と呼ばれ、日本でもすごい人気だった
彼も今や66歳に・・・ハンガリーの巨匠になられましたね。

日本ツアー14日(火)に横浜フィリアホールが最初で京都が
二番目になり、黒い服装のおしゃれなオジサマ、
座るや居住いをただすと、早速ピアノにタッチ、
それからは溢れ出る詩情と煌めく音色が、
強弱の付け方が色っぽく、鍵盤蓋に移る指先も流れるよう

プログラムは~変ロ長調のコンサート~と題され、
アンコール曲もまでもが変ロ長調で、なかなかの組み立てに

・ハイドン:ピアノ・ソナタ   変ロ長調 Hob.XVI-41
      
・ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ
               変ロ長調 op.24
      ・・・休憩15分・・・
・シューベルト:ピアノ・ソナタ第21番 変ロ長調 D.960

アンコール曲は
・モーツァルト、ピアノソナタ K570 変ロ長調 第3楽章

結構アップテンポで弾く引かれていたのでは?、
変ロの一夜に酔いしれましたが、終わったのはまだ8時40分
もう少し聞かせてほしかったです。

これからの、ラーンキの日本ツアー2017年は
11月18日(日)14時 兵庫県立芸術センター、小ホール
11月21日(火)19時 武蔵野市民文化会館 小ホール
         ピアノ・デュオ(エデットクルコン)
11月23日(木)14時 宮城・中新田バッハホール
11月24日(金)19時 東京・トッパンホール 
11月27日(月)19時 東京・成城学園内 澤柳記念講堂
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士山を眺める旅ー田子の浦... | トップ | 玄関はMOAの「鹿下絵新古今和... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事