気軽に茶道をしてます。

日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお菓子で
お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝えします。

大山蓮華の花が萎んで・・・

2017-05-15 09:51:25 | 季節の花々
先週の土曜13日に広間に活けた大山蓮華の蕾、
5/13AM
お稽古中に咲きだしたのに気づくと、時間とともに
徐々に大きくなり、香りも微かだったのが・・・
お稽古が終わり、片付けにもう一度広間に入りますと
5/13PM
甘い何とも言えない香が、鼻腔に押し寄せてまいりました。
香漂えば大山蓮華笑うなり
              愚句
徐々に強くなる香りに慣らされていたのでしょう。
同じことをしていると惰性で物事に対処してしまいますが、
「初心忘るべからず」を思い出させてくれました。

翌日曜の14日、お稽古から帰りつき楽しみに様子を伺うと
一段と大きく花が開いておりますが、香りは落ちていますね。
 5/14PM

開花期限の三日目にあたる15日の今朝、
まだ咲いているのかと興味津々で、部屋を覘くと
萎んでおります。
4年前伺った大峰山の自生地では椿と一緒で、
花全体が落ちていたのをみており、
何か変、水の吸い上げが悪いのか?違いました。
水が減り、切り口が水面に届いておりません。
慌てて、水揚げの処置をしましたが・・・
5/15AM
気温も高く、若木で切り口まで短かったこともありますが、
かわいそうなことをしてしまいました。
毎日見てあげなくてはね・・・反省!
今日の自宅稽古の花は・・・どうしましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「柿羊羹・つちや」と粽で | トップ | 桑小卓(くわこじょく)にて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL