気軽に茶道をしてます。

日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお菓子で
お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝えします。

北陸の秋を

2016-11-20 09:57:28 | 旅行
今朝も曇り空、暖かい朝を迎えました。
次男が友達の結婚式とかで帰ってきており朝ごはんの準備、
それと今朝から自宅稽古に見えられますが・・・
お茶会開けで、なかなか調子が上りません。
自宅の庭の満天星つつじも色づいてくれました。
10時になり来られるでしょう。稽古モードへ切り替えて!


先日実家へ帰った折の話になります。
お米は数年前までは、玄米で奈良・大和高原の農家から
次男坊が運んでくれていたのですが・・・
今は故郷の富山米コシヒカリを妹の旦那さんのお世話で、
年3回、車で取りに行っております。
当然行くたびに、男三人は宴会状態で翌日は二日酔い?
それが楽しいからなのでしょうが・・・。
9月中旬に”新米ができたから”とのことでしたが、
お茶会もあり、なかなか余裕がとれず、お茶会終わりの
二日間だけですが、予定を入れることが出来ました。
お土産は柿の葉寿司とリクエストのあった焼き鯖寿司
夕方着くなり殿方は盃を交わし、女組は近所の温泉へ。
痛めていた腰も良くなるかしら?
三姉妹家族揃っての会食、富山湾の地魚がおいしいー
先日生まれた初孫さんの顔も見られ、お祝いを。
来春にも嬉しいことが重なるそうで、話がつきません。
時間はあっという間に過ぎさり、
桜の咲く頃の再会を約束して実家で一夜を過ごしました。
翌朝、富山市内からの立山連峰の遠望です。
  
誰もいない実家の庭も、松葉だらけですが・・・
楓の木が一本枯れており、思い出が一つ無くなりました。
でも椿は今年も咲いてくれました。
 
帰りがけに近くのスーパーで買い出しを。11時前なのに
筋子1280円が一腹しか残ってなく、孫にはかわいそう。
イクラを作り、冷凍して正月用にしましょう。
またサバが一匹180円なのに調理してくれるとのこと、
三枚の下ろしてもらい、サバずしに、帰ってから大変!
さらに昨日もでた地元ヒラメの造り・エンガワもゲットし、
昆布全国消費量一位の富山県ですから安い羅臼昆布を5袋、
さすの昆布〆(くろかじきまぐろ)、黒づくり(パスタに重宝)等、
車には30Kgの玄米5袋、富山湾の深層水20Lも積んでいるのに
どうなることやら・・・と思っていたら
帰りの高速道路で一瞬ひやりとしたことがありました。
トラックが遅いのに、前の車が追い抜きません。
相方はじれ、指示器をだし追い越し車線に出て並んだ瞬間、
前車が急にトラックを抜こうと寄ってきました。
助手席から相手側のドライバーの顔が、隙間は?㎝冷や汗
もちろん相方にもスピードの出し過ぎに、お灸を。
気分転換にいつもは止まらない南条SAで遅い昼食に。
山々には秋が一度にやってきておりました。
  
何年振りかで訪れたSA、月曜日なのに人でいっぱい、
最近はやりのフードコート形式になっており、ボルガ食堂へ。
武生名物B級グルメ・ボルガライス、デミグラソースが別添で、
オムライスにとんかつが載っており、同じ皿の横にサラダが。
借用しました。
甘めのソースで、この値段???やはりSAは・・・
新ソバの季節、下りの北鯖江PAの蕎麦をたべたかったのに
悔やまれますが、敦賀への山越えで、トンネルを抜けると
気がかりな雨がフロントガラスに落ちてきます。
紅葉の山々が一転して夕暮れの暗さになり雨の世界に、
北陸路に私の嫌いだった冬の訪れが告げられておりました。
夕山やそば切色のはつ時雨』一茶
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茶会の花の行方は | トップ | 2016パリ管を京都で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL