気軽に茶道をしてます。

日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお菓子で
お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝えします。

大極殿もおんぶばったに

2017-11-09 09:28:05 | 散策
今日は暖かな朝、雨降り、お出かけの予定
一雨ごとに冬に向かっていきますね。
昨日の平城京跡は明るく、気持ち良い散歩日和

ある地点から撮ると、再建された第一次大極殿が
大二次大極殿跡に再建されたかのように・・・
おんぶされているようですね。


立冬の昨日、冬に入りますが、最後の秋を楽しむ
蝶や殿様飛蝗(トノサマバッタ)にであいました。
 
帰りがけに足元で重たそうに飛ぶ飛蝗が、
よく見ると大きなメスが小さなオスをおんぶして
隠れるようにじっと様子を伺っています。
口から出た言葉”おんぶばっただ”

『いにしえも奈良の都に螇蚸飛ぶ』
             愚句
俳句では何故か「螇蚸(ばった)」と書かれるそうで、
秋の季語として。「ばった」「きちきち」「はたはた」
「トノサマバッタ」とか。
『はたはたはわぎもが肩を越え行けり』
             山口誓子
交尾中ですので失礼しました。
でもこどもの頃は男の子たちは「おんぶばった」と
さかんにはやしたてて呼んでいましたね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「思い出の大きな木」という... | トップ | 兵庫陶芸美術館『今右衛門の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

散策」カテゴリの最新記事