気軽に茶道をしてます。

日々のお稽古とともに、できるだけ手作りのお菓子で
お茶を楽しんでいる様子や、四季折々の変化もお伝えします。

大和文華苑はササユリから紫陽花へ

2017-06-10 06:40:24 | 大和文華館
先日訪れた大和文華館、特別展「没後300年 画僧古磵」は
二回目ですが、見飽きない作品の数々、直ぐに帰るには・・
余韻を味わいながら文華苑の花々に会いに行きました。

この季節はササユリなのですが、文華苑では開花は5月23日、
昨年と比べ数日遅く、一週間ほど見頃を迎えた5月30日でも
チラホラ止まりで残念でしたが、梅雨入り初日の6月6日には
終わりかけ?、
門過ぎのササユリも三輪から一輪のみ
 
本館の入り口の鉢植えも五鉢から一鉢のみに

そして谷筋も、最後のご奉公ですね。
 
最後のご奉公といえば、石楠花やタニウツギも散って
残りが、地面には花びらが雨でくっ付いていました。
万葉集で、大伴家持(巻19・4217)が詠っています。
『卯の花を腐す長雨の始水に寄る木屑なす寄らむ子もがも』
ここでは、おばさま方ばかりですが・・・
  
ところが、蛙股池畔の紫陽花の路にまで降りますと
もう紫陽花が色づき始めておりました。
雨に剪る 紫陽花の葉の 真青かな』飯田蛇笏
 
来週あたりから見頃になるのではないでしょうか。
ササユリから紫陽花へとバトンタッチになりますね。

でもまだ奈良でササユリを観られる行事があります。
奈良市最古の神社とされる率川神社で、別名ササユリ祭りと
呼ばれる奉納神事が6月17日(土)に三枝祭(さいくさまつり)と
して執り行われます。この祭典は罇(そん)・缶(ほとぎ)と
呼ばれる酒樽を笹百合で飾って神前にお供えされます。
実は前日の16日、ササユリを三輪山からお届けする神事が
「ささゆり奉献神事」です。ご祭神の「媛蹈韛五十鈴姫命」が
三輪山の麓、笹百合が美しく咲き誇る狭井川のほとりにお住まい
だった故事から、姫神様に喜んでいただくために行われます。
                 (率川神社HPより)
土曜日ですか???、今年も無理みたい。カナシイー


(おまけ)
始めてここで、少ないながらも花菖蒲が見られました。
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モンシロチョウで一日が始ま... | トップ | 梅雨晴れの稽古は「縞葦」で涼を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大和文華館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL