一法学生の記録

2014年4月に慶應大学通信部に進んだ法学生の記録である
(更新)2017年4月に神戸大学法科大学院へ進学しました。

永小作権

2016-09-14 18:44:10 | 物権法
永小作権

 永小作権は、小作料を支払って工作又は牧畜のために他人の土地を使用することを内容とする物権であり、現在では土地賃借権に農地法の適用があり、その権利が拡充されているし、制度的にも消滅をしやすい権利となっているので、現在では殆ど使われていない権利であるらしいが、法制史的には墾田永年私財法に始まり(この辺の厳密な関係は良くわからないが)、地主と小作人あるいは国家との間の権利というものは中々容易ならぬものがあるので、そちらの科目との連続において興味を持って行くことにしたい。おそらく、権利としての利用価値が減退したとしても、現代という百年そこらの時代の人々の独善に依って廃止されてはいけない類のロマンがあるのだと、思念する。

 以上
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地上権とは | トップ | 地役権 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

物権法」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。