一法学生の記録

2014年4月に慶應大学通信部に進んだ法学生の記録である
(更新)2017年4月に神戸大学法科大学院へ進学しました。

3/23

2017-03-23 21:50:46 | 日記
3/23

 今日は、朝から商法の続きを学習した。
 運送証券のところが非常に解り難い。
 いずれにせよ、運送証券は、運送人が発行して、それを荷送人に渡し、荷送人から荷受人に渡すことで、運送人が貨物との引換書として使われることがわかった。実務でも、国際貨物の引揚をするため、船荷証券が無いために、何度か問い合わせをしたことを思いだした。
 午後は、債権総論の短答問題の残りを、ざっと終わらせた。代位弁済(弁済による代位)のところは、誠に複雑であり、想像が及ばない。図示をしながら、ある程度納得がいくまで、確認しながら進めるようにした。相殺はそれに比べれが簡単なのだが、自働債権と受働債権が交錯するため、債権者・債務者・第三債務者の関係が解り難いのだが、これも何度も図示しながら習得する必要があろう。
 散髪の後、再び商法、倉庫契約のあらましを学ぶ。預証券と質入証券に関する規定も、実務では殆ど使われてないという前置きの下に、説明をされているが、リアリティが想像出来ない。時間を取られないよう間引きして読んだ。金融取引は、交互計算と言うのがあり、お互いの売り買いを期末に清算して、計算書をお互いに承認して、確定することらしいことがわかった。リース契約が金融取引であることもわかった。
 明日から親族の短答問題に入りたいが、親族全体で、たった30問程度しかない。相続はもっと少ない。いずれにせよ、今夜中に教科書をある程度読み終えたい(現在50P)。

 以上
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3/22 | トップ | 3/24 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。