特集!!塞翁が馬

いい人いい出会いいいお店

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

報道通信社の取材 石原都知事、「絶対反対」 永住外国人への地方参政権付与に

2010-01-25 14:19:13 | 日記
民主党は、永住外国人への地方参政権の付与についてどうして急いでいるのであろうか? なぜ、法案提出がこれほど急いで必要なのか民主党は国民に説明をきちんと行っているとは到底思えない。ましてや、支持母体の意向を受けての法案提出を拙速に急いでいるのならば大問題である。少子化が進む中、多国籍民族国家として進んでいかなければならないとは思うが、それと参政権付与は異なる問題である。一つのイデオロギーを持った団体として権利を主張することが、日本人の権利を侵害していくことになるのが、最も恐ろしいことである。
ここの議論を尽くすことなく、帰化条件を緩くすれば良いとなどという意見もピント外れの意見である。形式的すぎる意見である。帰化と言う形式が整えば良いという問題でもないのではない。 いずれにしても、もっとも大きな議論が必要で、日本人なら真剣に考えねばならない問題である。まして、中国、韓国という
反日国家が近くにある以上大きなどうでも良いような問題ではない。
---以下、日経新聞引用要約
東京都の石原慎太郎知事は15日の定例記者会見で、鳩山由紀夫首相が18日召集の通常国会に法案提出を検討する永住外国人への地方参政権の付与について「絶対反対」と述べた。参政権を地方に限定することは「地方主権と言われている時に、発想そのものがおかしい」と批判。「永住する方が望むなら、国籍を取りやすいシステムをつくったらよい」と反論した。



現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト
国際ジャーナルからの誘惑
press-blog.org | 報道ニッポン | 報道通信社
商法総則 by 国際ジャーナル
国際ジャーナル インターネットクチコミは詐欺?クチコミの判断法
現代画報の美食探訪を読んで
現代画報 メタボリック・シンドローム脱出方法 現代画報社
国際ジャーナル通信

国際通信社 報道通信社 現代画報社
国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
発行部数が3万部以上です。今、評判の雑誌って?
タレントが取材します。インタビュアーって誰?
振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい!
大阪 東京 名古屋 取材費 刑法 取材 商法 民法 掲載料 無料
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 報道通信社の取材 天災の恐ろ... | トップ | 報道通信社の取材 依布サラサ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。