瞑想、気功、祈りの体験と静まりの詩

静まりの瞑想、気功、祈りの体験を詩と詳細記事にして書きました。このブログは個人であり、宗教・気功団体とは関係ありません

若い人と年老いた人の気功の気の効果の違い

2017年06月01日 15時24分27秒 | 日記
   気は成長期では全身に巡る

 外気が脳天から入りやすい時は精神が静まって眠くなるような状態になった時ですが、若ければ若いほど特に幼少の頃は脳天から外気が入って全身に行き渡るようになっています。

 幼少の頃は天使のように綺麗な外気が脳天から入りやすいのですが量が少ないのであります。大人になるにしたがって外気の綺麗さは低くなっていきます。そうなるのは大人になるにしたがって欲、マイナス思考などによって無邪気になれなくなってくるのです。無邪気とは邪が無い、邪気が無いことです。幼少の頃は無邪気なのです。

 幼少の頃は綺麗な外気が入ってくるのでありますが手かざし療法をやる気功師のように手の平から多くの外気が出ていることではありません。子供でも大人でも誰でも手の平から少しは外気は出ていますが、特に精神が静まっている時は少しですが手の平から出やすいのです。

 手の平から少し出ているからといって気功師の真似をして手の平を強力に意識して外気を無理矢理に出そうとすると内気が出てきてしまうことがあるため危険であります。手かざし療法をやるにはその手かざし療法がやれるぐらいの多くの外気が脳天から身体に入るぐらいにならないとやってはいけないのです。

 幼少から成長期、四十代ぐらいまでの若い内は外気が全身に満ちるようになっている

 幼少から成長期、遅くとも四十代ぐらいまでの若い内は脳天から外気が入ると主要な気道(経絡とも言う)から細かい気道に行き渡るようになります。ただし病気などの疾病がないことが条件です。木に例えると気道は幹、幹から枝の枝、さらにその枝の枝のようになっており隅々まで外気が満ちていきます。

 人によって誤差がありますが四十代以後になりますと全身に満ちるようなことはなく年を取るにつれてだんだん満ち方が少なくなってなってきます。年を取って脳天から外気が入っても幹に当たる脳天から四肢までは通りやすくなっていますが細かい気道までは通りづらくなくなっていきます。これは生命の法則によってそうなっていることなので仕方がないことです。

 気功師は年を取っても脳天から四肢の手の平から出る外気で手かざし療法ができ、足の裏からも外気が出ている

 気功師は年を取っても脳天から四肢の手の平、足の裏から外気が出ていますが、身体の他の細かい気道はだんだん通らなくなっていきます。気功師とて例外ではないのです。また年老いている人に気功師が手かざし療法で細かい気道のある所に外気をかけると一時的に気の流れが良くなりますが、手かざし療法を終わってしばらくすると元に戻ってしまいます。何回外気をかけても元に戻ってしまいます。病気でその患部の気の流れが悪くなっている事も年齢に関係なく同じことです。

 老いても病気になっても外気、内気の流れが悪くなる

 年を取って来ると外気だけでなく外気によって脳下垂体から造られる内気も外気と同じようにその流れが悪くなります。内気は主に身体にある七つの霊中枢のチャクラ、丹田の働きを良くし身体の癒しの効果がありますが、年を取るにつれて内気の流れが悪くなるため癒しの効果が薄れてきます。特に脳下垂体は年を取るにつれて衰えてくるため脳下垂体霊中枢の働きも衰えてきます。

 脳下垂体が衰えてくることは脳下垂体から流れる身体に必要なホルモンや物質が減ってくるのです。そのために医者の薬で減ってきた分を補わなければなりません。脳下垂体が衰えてくることは生命の法則がある限り仕方がないことです。

 太極拳などの気功の動功、夜眠る前の神を意識する瞑想も年を取るにしたがって効果が薄れてくる

 何でもそうですけど、医学でも若いうちは難病は別として一般的な病気も治りやすいし、気功でも若いうちは外気、内気の循環は太極拳などの気功の動功、夜眠る前の神を意識する瞑想をやることで良くなるのでありますが、年を取ってくると思ったようにはならないのです。生命の法則である生老病死がある限り、太極拳などの気功の動功、夜眠る前の神を意識する瞑想もそれらの効果が薄れてくるのは例外ではないのです。

 しかしながら太極拳などの気功の動功、夜眠る前の神を意識する瞑想、運動、その他の健康になるためのトレーニングは年を取ってきたら全然効果がないのではなく少しはあるのであり、全然やらないよりはやったほうが良いのであります。短時間でも良いから毎日やることです。少しの効果でも毎日やることで体の調子が良くなるのです。

 おわり 

 

 
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気功の手かざし療法で使う気... | トップ | 感情を落とす静まり瞑想はや... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。