百休庵便り

市井の民にて畏れ多くも百休と称せし者ここにありて稀に浮びくる些細浮薄なる思ひ浅学非才不届千万支離滅裂顧みず吐露するもの也

朝は絶好の日和でした、、、我がリウマチ日和は?

2017-02-13 20:38:31 | 日記
 今朝は雲一つない天気。日の出もずいぶん左の稜線に移動。連れ合いは朝イチバンの飛行機で東京。そうです。今日明日は ヒサカタブリ、オイラひとり、ルンルンで過ごせるのです。ヒャァッフォー!!!。

まずは、3っ日間 剃ってないひげ剃りも兼ね、温泉へ。帰ってから、昨日 いい天気だと思って干したら、にわかに暗くなり湿らせてしまったフトンのリカバリー干しをやってと。それから、そうやねぇ、2月9日(木)病院に行って、生まれて初めて自分で注射した、これまでと違えた新しいリウマチ薬の効果が既に顕われているかに思えること、この際 ブログに記しておこうかなぁと。オイラが これぞ 史上 NO1 の映画だ!!! と心底思う「サウンド・オブ・ミュージック」が放映されている NHK-BSプレミアム を見ながら、いや 聴きながら。




アッヴィ合同会社さん制作「生物学的製剤で治療する患者さまへ ご家族の方へ」という冊子より

これは ↑ 関節リウマチの 行き着くところの処方であります 生物学的製剤という分類に属する薬の一覧です。このように全7種類あり、国産品は中外製薬さんの開発された アクテムラ という薬のみであります。これら一群の薬が効かなくなったら、もう助かる術は残っていませんで、後は、痛み止めで凌ぐほかないという、謂わば 最後の砦であります。

オイラがこの類の治療を始めましたのは H26年8月。おのおのの薬がどんなものかなんて情報、丸っきり調べもせず、日本をこよなく愛するオイラでありますから、まず国産品であるアクテムラに決めたのです。なお この中では、いちばん後発ですが 安価であることは、主治医さんから そんとき聞いてはいますが。

この治療に入る直前のオイラは、関節の変形はまだなかったですが、まさに まるっきり身動き取れなくなる廃人一歩手前の状況。寝返りするのも めっちゃ痛く、身体を起こすのも、立ち上がるのも、その動作をしようと決意するまで、かなりの時間を要し、決断しても しばらく呼吸を整え、気を集中し エイヤーっと勢いを付けてと。歩くのは、杖をつきつき そぉっとそぉっと。便座に腰掛けるのも、粘る筋肉を消失してしまっているため、ドスーンとしか腰掛けられず。病院に行く車の中では、振動に耐えられないので、座布団とかスポンジを何枚も重ねたシートに前掛りに浮かせるように座ってと。で病院に着くと、すぐ車椅子に移ってと。すべからくこんな状況で、リウマチ専門医さんも「相当ヒドイ!!!」」と感心されるような有様でした。

アクテミラという薬を 2週間に1回 注射するのですが、そのプラスチック用具は非常によくできておりまして、針をまったく意識することなく、マガジン ポン といった感覚で注射作業が完了する仕掛けとなっているのであります。そして 効果は テキメン、急激に快復しだしまして、多少の関節の痛みはあるものの、1日1錠の痛み止め(ボルタレン)で、健常者とほとんど変わらない生活、もちろんいろんな作業もこなしての田舎暮らしが営めるようになったのであります。

ところがです。半年ほど前から、足の指裏が痛くなったり、あるときは 股関節全体が クモの糸が張ってるかのような感覚の痛みに襲われたり、首の付け根が、ちょうど寝違えたときのような痛みが覆ったり、肩が脱臼したときのような痛みに襲われたり、肘がえらい痛くなったり、手の指の第2関節が痛くて 関節が横に広がり 形が変形してきたり、というふうに、リウマチ菌?が、どうも薬の弱点を見つけて 攻撃してくるようになってきたのでありまして、併用している リウマトレックスという錠剤の量を増やしたり、ステロイドを増やしたりもしてみましたが、改善せず、今回 生物学的製剤を変えてみるということに踏み切ったという次第であります。なお 薬を変えてみたいということは、かなり以前から主治医さんに お伝えしておりました。

2年半使ったアクテムラ、これから使う薬は エーザイさん取り扱いの ヒュミラ という外国生まれの薬。H29.2.9、その注射を打ったのです。看護婦さんの指導のもと、自分の手で。不思議なことに その日から、首の痛み 肩の痛み 両手指の関節の痛みが 薄らいでいってるように感じられるのです。注射して 4日目の今日は、痛み止めの薬を飲んでいません。でも ほとんど痛くないのです。明らかに効いています。気分も明るくなりました。

でもリウマチというヤツ、襲ってきたら本当に恐ろしいヤツ、気まぐれだし、隙あらばといつも狙っている 実に執念深い めっちゃイヤなヤツですから、楽観は禁物ですが、このままのペースで良くなっていってくれたらと、切に願っております。なお 2月23日(木)、病院で看護婦さんの前で注射して、ウン OKですよ 合格です という認定を受けられたら、自宅で注射 という運びになります。

なお 本日も 天気がもったのは お昼前まで。後は 雲に覆われてしまい、また濡らされそうだったので、急遽 取り込んだですが、そしたら また直ぐに青空が戻って、、、要領の悪いは いつまでたっても治りません。

 < P S > H29.7.22 記
ヒュムラを 3ヶ月間 確かめましたが、両手のコワバリ 右肩の痛み が強くなり、H29.6.8 から、4週間に一度 注射してもらう シンポニー という薬に変えております。

 



『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人は基本的に遺伝子のプログ... | トップ | 堀内孝雄さんの歌は別格の味... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL