行き当たりばったり連載小説『Dっち』

高機能自閉症と呼ばれる発達障害を持つ「Dっち」ー 彼の心に触れることは難しいが、どんな人でもきっと彼を好きになる。

これまでのあらすじ

身長183センチ、体重90キロの「自由のこども」Dっちは、A学院恒例、新入生対象「春合宿」において、「タイヤ置き場で昼寝事件」、「合宿所ベランダからの立ち小便事件」、「遁走天丼事件」等の珍行動を起こしつつも、なぜか憎めないキャラの持ち主。そんなDっちを迎えて、A学院では新学期がスタートしたが、新学期早々、生徒たちが巻き起こす諸々の出来事にホッター先生は既に疲れ気味なのだった。作者自身もどうなるのかわからない「行き当たりばったり」の展開に注目!

行き当たりばったり連載小説『Dっち』:目次
最初から読みたい方はこちら→『Dっち』:第1回

『Dっち』78-あいかわらずドタバタなA学院であった

2010年04月06日 | Dっち
INDEX: DっちDっちノートピュアなハートの連中なんだイラストギャラリー


堀田減之進 作/A学院ブラザーズ&シスターズ 絵


第三話 さてさて新学期

78-あいかわらずドタバタなA学院であった
←前回へ 次回へ→

 そんなわけで、Dっちはガッコウ生活も楽しんでいた。もっとも珠算や音楽以外の授業は居眠りしたり、どこかにいなくなったりで、あまり真面目に取り組む感じはなかったが、まずまず落ち着いてガッコウ生活を送っていたように思う。

 いや、ときおり数分くらいの遅刻することもあったので、立ち小便はないにせよ、通学途中の各スポットでの「ルーティン・チェック」(オリジン弁当、白洋舎、etc.)は続いていたのかも知れない。いつぞやの「タイヤ置き場での昼寝事件」のように、昼休み、ガッコウの駐車場で陽射しを浴びながらごろっと横になっていたこともあったし、彼のちょっと風変わりな行動がそんなに簡単に完全になくなるわけではなかった。

 ああ、そう言えば一度、ガッコウの最寄り駅A駅駅員から大目玉を食らったことがあって、このときもウー先生は、連絡を受け(Dっちは既に駅界隈では有名人)、「現場」にはせ参じ、駅員室に「保護・拘束」されているDっちを、バカタレ息子ゆえに愛が募る健気な母親の心境で引き取りに行った。

 このとき、Dっちが何をやったか。上りホームから下りホームまで階段を使わずに、線路上を横断したのだった。線路横断、言語道断。またしてもやってくれたDっちだった。

 それは一瞬の出来事で、ホームから線路上に飛び降りたDっちは、瞬く間に向かいのホームに駆け上がったそうだ(駅員談)。なんでそんなことをしたのかはもう問うまい。向かいのホームに行きたかったのだ。そして階段を使うより、線路をまたいだ方が、より「効率的に」向かいのホームに行けると考えたのだろう。それが「自由の子」DっちのDっちたる発想なのだ。

 厳重注意で済んだから良かったものの、下手したら大事故、もしくは列車の遅延等が起き、大迷惑をかけるところであった。これこそ犯罪行為。ウー先生がコンコンと説教したのは言うまでもない。

 さて、一学期もそんなこんなで終わりに近づき、「当初のドタバタも少しは落ち着いてきた」と書いたが、「ドタバタの日常に慣れてきた」と言った方が良いかも知れない。

 あいかわらず、ヒロコちゃんは時折駅で倒れ救急車が発動し、あいかわらず、シュウとリツコはケンカし、あいかわらずオオトモ君はこだわりまくり、あいかわらず、ネコタは可愛くなく、あいかわらず、ハルカは不思議オーラを発散させ、あいかわらずハナダ君は目立たず、A学院の他の生徒が巻き起こす多少のドタバタはそれなりにありながら、生徒たち待望の夏休みも、オン・ザ・コーナー。あいかわらず、ドタバタで暑苦しいA学院であった。


*これで第三話「さてさて新学期」終了。ところで「行き当たりばったり連載小説『Dっち』」、少しお休みをさせて頂きます。昨年12月初旬から苦し紛れの「過去日記」も交えながら、毎日アップを心がけてきましたが、筆者ちょこっと多忙になり、「行き当たりばったり」の展開もちょいと疲れ気味。また心機一転、再開することをお約束して、ここはひとまず、シー・ユー・レイター・アリゲーター。


*この小説は事実を基に筆者の脚色・潤色を加えたセミフィクションです。
-----------------------------------------------------------------------------------------
:「ギターとアンプ(とストラップ)」by 卒業生KT君
寸評:KT君はかのX-Japanのファンであり、中でも若くして亡くなったギタリスト、HIDEの大ファンであった。ギターを始めようと彼のシグネチャー・モデル「イエローハート」を購入、夢はロック・ギタリスト、今でも一生懸命ギターの練習をしていることであろう。描かれたギターはHIDEのとちょっと違うLUNA SEAモデルか。彼はLUNA SEAも好きだった。ギターの右に描かれているのがアンプであることがわかるまで少し時間がかかった。左手に描かれてあるものが、ピックがたくさん付けられたストラップであることがわかったのはつい最近。でも、この絵をみれば作者がギター好きであることがよくわかる。夜露死苦。

←前回へ 次回へ→

バナーをクリックしていただくと、ブログランキングに反映され、僕のモチベーションが上がる仕組みになっております。どうかひとつ。
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ 人気ブログランキングへ
↑ふーん、じゃあポチッとしてやるか、の心意気、感謝いたします。
ランキング参加中●One Love, One Click!

読んでいただきたい、この本↓
発達障害 境界に立つ若者たち (平凡社新書)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

このブログについて

このブログは、発達障害児(LD、アスペルガー症候群、高機能自閉、境界域知的障害、等)を主に受け入れてきた小さな私設学校を舞台に、「自由の子ども」Dっちを主人公に据え、「オンリーワン」の生徒たちが巻き起こす数々の珍騒動エピソードを織り込んだ「セミフィクション」小説ブログです本ブログはメインになる、行き当たりばったり連載小説『Dっち』と『Dっち』番外編としての『Dっちノート』(小説『Dっち』の補足的なエッセイ)、『ピュアなハートの連中なんだ』(筆者が出会った生徒たちの人物スケッチ)、そして『イラストギャラリー』(卒業生たちのイラスト紹介)にカテゴライズされています筆者は発達障害に関する専門家ではありませんが、「こんな子どもたちが自分たちのすぐ隣にいるんだ」ということを知って欲しい、という趣旨でこのブログを開設しました「行き当たりばったり」としているように、プロットも何も考えずに見切り発車したので、今後どのようにストーリーが展開していくか、筆者自身にもわかりません(笑)本ブログに関するコメントやトラックバックは歓迎いたしますが、「事前承認」とさせていただいていることをご了承ください。