60の戯言

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

祇園祭・前祭

2017-07-17 17:10:31 | 日記
 今日の朝刊の記事で、昨夕の京都祇園祭り宵山の人出は32万人と掲載されてました。
この記事を見て祇園祭の山鉾巡行を見に行くことにしました、3年前には後祭りを見に出
かけていますが前祭の見物は高校生の時以来かも知れません。

1000年以上の歴史を誇る祇園祭は京町衆の誇と以前聞きました。
23基の山鉾巡行は其々に見ごたえがあります、ただ出かけるのが遅れたため四条河原
町に到着した時は半分以上の山鉾が通過していました、ちょっぴり残念!


たぶん、鶏鉾(にわとりほこ)だと思います


蟷螂山(とうろうやま)、屋根の上のカマキリ(蟷螂)の羽根と鎌が動きます


菊水鉾(きくすいほこ)です


岩戸山(いわとやま)、13基の山の中でも一番大きな山と思います


この鉾が最後でした、船鉾(ふねほこ)舳先の想像上の鳥(鷁・ゲキ)が目立ちます

11基の山鉾巡行を見学できました「動く美術館」と言われ其々の前懸・胴懸のタペストリー
も見ごたえがあるのですが、各山鉾に付く人達に興味を持ちました。
曳手・屋根方・囃子方・車方・音頭取りほか前後に付く人達等、何人が張り付くのかな・・・
1基100人程必要なのかもしれません、白楽天山だったと思うのですが曳手が殆ど外国人
で交差点での辻回しの時、山を担ぎ2回転もの力技で沢山の拍手喝采を浴びていました、心
が温かくなるいい瞬間です。

1週間後の24日に後祭りがあるのですが、今日のようにお天気に恵まれ沢山の人出で賑わ
いますように祈ります。
去年か一昨年は大雨で中止も検討されましたが「祇園祭は雨天決行・荒天強行」の言葉通り
行われましたが、できることなら青空の下での巡行を願います。

行事の時に何時も思うのですが、裏方で支えている人達(警察官・観光行政の方々・道路管
理者等々)本当にご苦労様です、おかげで楽しい祇園祭の見学が出来ました、ありがとうご
ざいます。

 来年は巡行が始まる儀式、長刀鉾(なぎなたほこ)の「しめ縄切り」を観てみたいものです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏祭り | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む