ほっと★スペース

放課後と長いお休みのときの子どもの家

甘酒!

2017年02月22日 | Weblog
昨日(火曜日)は、ほっと★スペースで甘酒の仕込みをしました!

先週、知人から甘酒ができる道具を貸してもらったのです!

道具とは、蓋に穴を開けた特製炊飯器。それから、その穴に差し込む怪しい棒…。(写真には写っていませんが)

材料の要である米麹ももらいました♫

お米(半分はもち米)は下校時間の少し前に自宅で炊いて持ち込みです。

麹独特の匂いをかいだり、こぼれた麹を食べてみたり。子どもたちは興味津々です。


ごはんと麹を混ぜました。あまり高温になると麹菌が死んでしまうし、低くすぎると発酵が進みません。実は、週末に自宅で試作してみました。炊飯器に穴は開いてないので、フタを少し開けておくなど温度管理が難しかったです。何とか飲めるものができた…というところ(^^;;
書き忘れていましたが、今回の甘酒は炊飯器の保温機能を使って作ります。

特製炊飯器を保温にセットして仕込みは完了。誰もいない夜中にどんな変化が起きるのか⁉︎ ワクワクです。帰る間際、発酵の始まった炊飯器の中身を(希望する人だけ)ほんの少しずつ食べてみました。もうすでに甘酒っぽい味でした。



さて、1日経った今日(水曜日)。
玄関を入ると、ほんのりと甘酒の香りがしました(*´∀`*)


炊飯器の中は、ドロッと、トロッとしていて、しっかりと甘酒のにおい!
下校してきた子どもたちが、次々とにおいをかいでいきます!

知人は糖度計も貸してくれたので、完成した甘酒の糖度を測ってみました。市販のジャムの糖度が45度だそうで、甘酒も目標は45度にしていました。すると、ぴったり45度!

希釈した甘酒に、お好みでチューブのしょうがを入れて…。(知人はおろししょうがのチューブもくれました!)
かなり本格的な味に仕上がっていました♫
そして、「甘酒は飲んだことがないけど、少しだけ…」と言いながら、チャレンジした子どもたちがたくさんいましたよ〜。

誕生日会もしたので、てんやわんやのおやつタイムでしたが、私は楽しかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぜろどーなつ

2017年02月22日 | Weblog
ブログ更新が滞ってしまい、申し訳ありません。しかも、相変わらず「おやつ」のネタが続きます。

昨日のおやつは、

じゃ〜ん!1人丸々1個のドーナツでした。大きなジップロックに入っています。

袋菓子として売られている小さなドーナツは丸々出します(笑)。ごくまれにミスドが登場することもあります。安売りのときか、差し入れをいただいたときですけど(^^;; その場合は2〜4等分することが多いです。

さて、昨日のドーナツは「ぜろどーなつ」というお店のものでした。

「ぜろどーなつ」さんのミニパンフを連絡袋に入れさせてもらいました。なるべく地産地消、近県のもの、オーガニックなもの…と材料にこだわったお店です。その名の通り、添加物や保存料、着色料はゼロ、安全な素材でシンプルに作ったドーナツです。北区富田町の工房では学童保育のおやつなども作っているとのことで、少し前からとても気になっていました。今回、ちょっとしたご縁があり、試験的に注文してみたのです。

お子さんたち、お家で何か言ってましたか?(笑)。
おやつに出した後で聞くと、おおむね好評でした。でも、袋菓子のパンチの効いた味に慣れ親しんでいると、シンプルであっさりした焼き菓子はインパクトが薄いかもしれません。焼き菓子慣れ(?)している女の子たちは喜んでくれたようですが。

私は、お店の方針はいいなぁと思います。お店が長く続いてほしい気持ちもあります。子どもたちにはできるだけ安全でおいしいおやつを出したいと思っています。

そこで、今後も月2回くらい「ぜろどーなつの日」を設けていこうと思います。今回はプレーンドーナツでしたが、味のバリエーションもあるようなので、楽しみです。


ドーナツに合わせて牛乳も!おばちゃん、太っ腹!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加