番茶でございますPart2

鬼も五十路 番茶も出花〜ほとくなか主婦の日々の日記。

電子と紙

2017-03-06 13:15:44 | 日記
この週末は 3連休だった。
希望公休を申請したでもなく
シフト上 休みになった。
3日もあれば 旅ができるのに。(またまた言う)

とりあえず 用事があった。
1日目は 市役所へ 確定申告相談。
私ではないけど 去年いろいろあったからね。
2日目は 金魚の水槽の掃除。
朱文金と琉金が一匹ずつ。
朱文金は5年は経ってる(2011年の画像がでてきたけどそれ以上かも)。琉金も3年くらいかな。
去年までそれぞれもう一匹ずついたのだけど 私の管理ができなくて☆様に。
そして昨日は、日曜日。ダンナと外出。

3日あったら 家の中少しは片づけられるかと思いきや、なかなか進まない。
私が茶の間に占領している藤のソファの下のモロモロ。
ペン立てが3つ。ダイソーのbox(取手がついた工具、薬箱などの名称)が5つ。ほとんど 裁縫道具入れにしてます。

問題だったのが 文庫本のヤマ!
小路幸也さんの東京バンドワゴンシリーズ。まだ全て読んでません。
七尾与史さんのドS刑事シリーズ。こちらも 読んでません。
もちろん 読み出したら 1冊その日に読み終わるのもあった。
「トイプー警察犬」は 読んだし
星野博美さんの「島へ免許を取りに行く」は、場所が近いせいか 親近感でスルスルと読んだ。

大変なことに これらを収納する場所がない。ツンドク状態にはできないので
文庫本収納ボックスを買いに 出かけた。(プラスチックタイプのやつ。)
実は 押入れに買ったまま組み立ててない本棚が10年以上ある。

いつか 広い部屋に移ったら 作ろう。
自分の趣味部屋がもらえたら。と夢みて20年。

それらを収納ボックスに 入れて
表装と背表紙をながめてるとワクワクする。同じ作家さんのシリーズものを集めてる?っていう達成感。
でも、収納に限りがあるのよね。

私がPCやスマホに憧れたのは電子書籍。
いつでも 読められるじゃん。かさばらんし。

でも、紙の本も手元にあるだけで 満喫感があるのよね。

電子書籍で探してると
またまた読みたい本がでてきた。

えー どうしよう。

今まで 本屋さん何軒もまわって なかったら ネットで注文してた。ほとんど 手芸本(製図などが必要)。

時々、店頭で買うのはチョットやだなっての(やらしいモンじゃありませんが)は電子書籍で買ってたけど。
以前 親に頼まれて 遺言書の書き方とかの本を買ったら お店の人に 不審がられたわ。

とりあえず
本屋さんで探して、無ければ
電子書籍で買おう。

今 欲しいのは
小路幸也さんの ダイ シリーズ。
試し読みで 続きが…
それに「モーニング」が関係してるとは。

どちらにしても
老眼には ツライ。

今日は ここまで

そいぎ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その方言 久しぶりに聞いた | トップ | 今年 2度目の HTB »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。