花の四日市スワマエ商店街

四日市諏訪商店街振興組合専務理事の横道ブログ

ヒューゴの不思議な発明

2013-05-10 | 映画の名言、映画の迷言

1年ほど前に“ヒューゴの不思議な発明”という映画が封切られました。公開当時はハリーポッターと同類の映画と思っていましたので、気にも留めていませんでしたが、監督マーティンスコセッシの名前を見てDVDの鑑賞となりました。

 “ヒューゴの不思議な発明”は不思議な映画です。場面展開の予想がつかない。主役の子供が利発そうで良い。1930年代のパリ、モンパルナスの駅舎の風景が美しい。映画黎明期の生き生きした雰囲気が伝わってきます。

駅の時計台に隠れて暮らす孤児ヒューゴはイザベルと出会い、彼女の持っていたキーを使って、父の残した機械人形を修復することに成功します。

機械や時計の歯車をいじることの大好きなヒューゴはイザベルにこう話します。

 

何にでも目的がある 機械にさえ

時計は時を知らせ 汽車は人を運ぶ

みんな果たすべき 役目があるんだ

壊れた機械を見ると

悲しくなる

役目を果たせない

人も同じだ

目的を失うと

人は壊れてしまう

『三重県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リンカーンとサッチャー | トップ | 英国王のスピーチ 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL