花の四日市スワマエ商店街

四日市諏訪商店街振興組合専務理事の横道ブログ

第18回 昔日の中央通り

2016-10-18 | レモン色の町

昭和三十年五月十七日、未整備の中央通りから南を望む。右に農協会館、道を挟んで水九印刷が建つ。近鉄四日市駅の建設はこれからだ。それにしても彼女たちは、どうやってこの水溜りを超えるのか。

 

同じく、東へ下がって西方面を撮る。右に見えるのは堀木菓子店。北へ進むと諏訪劇場があった。遠くに四日市工業高校がある。この手前に近鉄名古屋線敷設の準備が進められていることだろう。堀木菓子店前の道路を人が通る。学校からの帰りか?

 

写真から想像すると昭和三十二年晩秋の早朝ではないだろうか。

新しい駅がオープンして少し一段落した感がある。パイロット萬年筆の看板を揚げる新光堂書店が既に建っている。オカダヤはまだ姿をみせていない。東海ストア開店売り出しののぼりが、川伝いに並ぶ。この川はまっすぐ駅裏に抜けていて、現在駅西に川の続きを見ることが出来る。久保田町で三滝川からくみ上げられた水は、農業用水と下水の役割をしながら、あせち川へと流れていた。植えられたばかりの楠の木が、整備したての中央通りを物語っている。(写真提供 山路昭雄様)

『三重県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第17回 諏訪新道の水害 | トップ | 第19回 近鉄四日市駅前の賑わい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL