花の四日市スワマエ商店街

四日市諏訪商店街振興組合専務理事の横道ブログ

お宝写真は眠っていた!

2017-05-13 | わたくしごと、つまり個人的なこと

樹林舎さんが“四日市市の今昔”第2集を発刊する(8月上旬予定)。これに先立ち5月11日チラシが入った。

お宝写真は眠っているものだ。“すわとん”の写真があった。「オリンピック聖火ランナーを待つ人々(諏訪栄町・昭和39年)」とある。“すわとん”の親父さんは店頭で、道行く人に挨拶をしながら“とんかつ”を揚げていた。玉ねぎに挟まれた串揚げが10円、トンカツが30円。普段は串揚げで、「今夜は思い切って!」という夜はトンカツだった。我が家ではお持ち帰りがもっぱらで店内で食べることはなかった。二階は座敷で宴会が出来た。左隣は“ダイヤパン”。ケースの上に差してあった細くて長い“フランスパン”が食べたくて、思い切って買ったらかたくてがっかりした。右隣が“浅野電機”。貴重な写真である。

『三重県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月の朔日恵比寿 | トップ | 鉄斎先生再登場! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL