花の四日市スワマエ商店街

四日市諏訪商店街振興組合専務理事の横道ブログ

昔日の三和商店街と諏訪駅構内

2017-06-15 | レモン色の町

8月初め、樹林舎さんから“四日市市の今昔”が出版される。かなりの意気込みで本日もチラシが入っておりました。

これまた貴重な写真。三和商店街が建つ。「昭和21年、港湾関係の会社重役が海山道に“松竹映画劇場”を建てたが、素人経営のため1年で取り壊し、その建物をJR四日市駅前に移築してマーケットにした」とあった(ローカル映画館史より)。どうやらマーケットは三和商店街のようだ。入口に元気屋さんが、今のようにフルーツ専門でなく八百屋さんの雰囲気だ。隣には丸武家具店さん、当時から月賦で営業されていた。

 これは諏訪駅構内の写真。西方向に撮られた。左から内部線、日野八王子線。(内部、八王子線は、同じホーム。日永で別れてますね)プラットホームがあった。真ん中が湯の山線。右尾。う一つホーム(1番ホーム)があって近鉄線が国鉄四日市駅からと名古屋方向へ延びていた。こうしてみると構内は広かった。諏訪駅が撤去された跡は、広い空き地ができて殺伐とした風景だったが、なるほどと想像できる。

『三重県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昔日の 鵜の森公園と諏訪公園 | トップ | 山中貞雄という監督 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

レモン色の町」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL