Hotlineブログ

ナイスミドル系バンドHotline

メンバーが自由な視点で、不定期に記事をアップします。お楽しみに!!

No.635-20  お約束?  T-Kayano

2014-02-27 | Weblog

昨日、期せずしてウインドウズ8.1を搭載したPCにふれる機会を得た。

知人が、購入して持ち込んだのだが、どうにも操作の仕方がわからないという。

芳しくない噂を聞いていたウインドウズ8の改良版のはずだからそんなはずはないと思いつつ覗くと、、、、確かに7やXPユーザーからの乗り換え組はてこずるかもしれない。

まして知人の方は、70歳をとうに過ぎた人生の先輩。

この歳で、時代の最先端テクノロジーを使い倒そうという心意気にまず、脱帽だ。

で、その画面は、タッチ操作とマウス操作を中途半端に融合させたような、ページをめくる感覚を想起させるような、、、まったく要領を得ない。

何とか、スタート・シャットダウンの仕方をお伝えして初体験レクチャーを終了したが、毎日10分でも触れていればじきに慣れるだろうと励ましてお別れした。

2月ももう終わり、1年前のお約束どおり「ホットラインのホームページ」は、確実に活況を呈してきた。

アクセス数だけが、「頼みの綱」だが、甘んじて信じることにする。

今年も月平均10本以上のアップを目標に頑張ります。


鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/

マネージャーのフェイスブックはこちらからhttps://www.facebook.com/yuuko.kayano.3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.634-19  シャイな「残照」  T-Kayano

2014-02-25 | 音楽

以前からお伝えしている「残照」のアレンジ修正

ボーカルバージョン時代の「シャイ」な部分をどうにかして表現すべく奮闘中だ

我が家の私の部屋には、それなりの機材がスタンバッっているのだが冬は、部屋を暖めるのも面倒で作業がはかばかしくいかない

今は、キッチンで女房の夕飯作りの音を聞きながらパソコンでの入力作業を行っている

とっかかりは億劫だが、調子にノッてくると、時間が経つのも忘れるほどだ

使用しているシーケンスソフトの使い方を勉強しながら、あるときは裏技を駆使しながら作業は少しづつ進んでいる

データは一度完成すれば、メンバーが足りなくてもいつでもトレーニングができる

いわゆるマイナス○○練習ができてしまうという訳だ

今後は、このパターンでトレーニングすることが更に増えそうだが、楽しみながらやっていきたい

鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/

マネージャーのフェイスブックはこちらからhttps://www.facebook.com/yuuko.kayano.3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.633-18  音楽にふれる時間  T-Kayano

2014-02-23 | 音楽

なかなか楽譜に向かう時間が取れない。

結果として、イラつく。

時間があるんじゃないかと思う時もあるが、「頭がくたびれて」創作意欲・衝き動かされる(衝動)が降りて来ない。

所属バンドは、相変わらずトレーニングメンバーが固定せず音楽の体をなしていない。

自分のため、健康のため、、、も、もはや限界に近づいている、、、、かも

鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/

マネージャーのフェイスブックはこちらからhttps://www.facebook.com/yuuko.kayano.3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.632-17  しょっぱい?  T-Kayano

2014-02-16 | Weblog

関東地方に45年ぶり?とも言われる「大雪」が降ったとか、、、、

各地で大変な被害が出ているらしい。

年初に「今年も災害年?」なんて予想を書いたが、あたらなくていいこんな予感が一つずつ現実になるのは、気持ちのいいものではない。

関東地方を襲った南岸低気圧は、今、東北地方を通過中のようだ。

我が家の周りは、すでに2mを超える積雪があるが、今朝の雪は心なしか「しょっぱい」気がする。

本来、太平洋の海水が雨になって降り注ぐはずだったものが、雪のまま我が家までにやってきたのか?

とにかく、ニュース映像を見て、関東地方の皆様にお見舞いを申し上げるしかない、、、、

鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/

マネージャーのフェイスブックはこちらからhttps://www.facebook.com/yuuko.kayano.3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.631-16  100円本  T-Kayano

2014-02-15 | Weblog

「百均」探索の面白さを時々お伝えしているが、「100円本」も馬鹿にできない。

最近読んだ本は、全国都道府県の県民性について書いたものや、仏教の教えをわかり易く解説したものなど、、、、

それぞれ200ページ近くはあり、内容もそれなりに読み応えがある。

一番違うのは、「紙質」

種類名は知らないが、おそらく最安の再生紙だろう。

それでも、読破するのには、何の支障もない。

時間が空いたときの、雑知識習得にはもってこいだ。

ただし、内容の信憑性については「100円本」だということを念頭にいいとこどりで考える必要ありかも、、、、、

鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/

マネージャーのフェイスブックはこちらからhttps://www.facebook.com/yuuko.kayano.3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.630-15  真実  T-Kayano

2014-02-11 | 音楽

人はこの世に生を受けて、一生様々な「欲」と闘っていかなければならない。

108とも言われる煩悩の中には、「名誉欲あるいは出世欲または自己顕示欲」というものもある。

こんなことを書いている自分も、この煩悩にとり憑かれていると思う。

欲を持つことは必ずしも悪いことではないのだろう。

なぜなら、それが「生きる原動力」になるからだ。

けれども、楽譜を書けない、耳も聞こえない障がい者を装って?世間を欺いてきたと騒がれている現代のベートーベンさんは、やはり糾弾されるべき「煩悩の被害者」なのだと思う。

一つのうそが百のうそを積み上げることになる。

巷に溢れかえる様々なネット情報の中から「真実」を見つけることは、煩悩と闘うより難しいのかもしれない。

鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/

マネージャーのフェイスブックはこちらからhttps://www.facebook.com/yuuko.kayano.3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.629-14  荒れる木曜日  T-Kayano

2014-02-06 | 音楽

よいよ、今日からホットラインの「2014年」が始動する。

2月の最厳冬期の始動も「ホットラインの恒例行事」となった。

精神的にも、体力的にもかなりかなり厳しい年齢となったが、年末に最多参加率を確保できるように、頑張りたい。

今年も、公私ともに超激動の1年になりそうだ。

健康に留意しつつ、夢を追い続けたい。

それにしても「荒れる木曜日」

今年もそのジンクスは生きている


鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/


マネージャーのフェイスブックはこちらからhttps://www.facebook.com/yuuko.kayano.3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.628-13  一から、、、  T-Kayano

2014-02-04 | 音楽

ヘタの横好きで、40年近く抱えてきたアルトサックスを「一から勉強」している。

だいたい、サックスの各部の名称さえはっきり知らなかった事を今更、恥じている状態だ。

リードを止める金具が、「リガチャー」なんて宝石のような名前だったなんて、、、、

しかも高級機種になるとこれだけで2~3万円なんてこともあるようだ。

サックスの音域は、通常2オクターブ半程度だが「フラジオ」というテクニックを使うと、4オクターブも出せるのだとか、、、、

「フラジオ」という言葉も最近覚えた、、、、、

このテクニックは、やはり生半可なトレーニングでは会得できないらしい。

世界の名だたる名プレーヤーは、当然のことながら「血のにじむような」努力をして、実力を身につけたのだと思う、、、、、

鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.627-12  いきなり?  T-Kayano

2014-02-01 | 音楽

人の縁というものは、ファンタスティックだ。

昨年12月22日の「ホットライン結成35周年披露ライブ」のスペシャルゲスト、ラッセル・カビールさんがニューアルバムをレコーディング中だという。

そのカビールさんが、全12曲のうちの1曲に演奏で参加してくれという。

しかも3日後?

曲を聞いてもいないのに、いくらなんでも無茶だ、、、、、

というわけで、とりあえずレコーディング現場を見学することに、、、、

そこは、由利本荘市内の寺院に併設されたスタジオだった。

寺の副住職だという、オーナーの方は、ロン毛でおよそ僧職とは思えぬ(失礼!)ミュージシャン風の風貌の方だった。

調整室兼用のダイニングや、演奏ルームのほか様々な録音機材が整然と置かれている様は「圧巻」だ。

この片田舎?にこれほどの設備を備えた「スタジオ」を構える心意気に正直驚いた。

タイムリミットは2月中旬。

曲想の説明を受け、自分なりのイメージを構築しなければならない。

「人の縁」を大事にしなければ、、、、、

顛末は、、、、後日、、、、報告、、、、できるかな?????


鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加