Hotlineブログ

ナイスミドル系バンドHotline

メンバーが自由な視点で、不定期に記事をアップします。お楽しみに!!

No.626-11  海賊船修正  T-Kayano

2014-01-26 | 音楽

ようやく時間がとれ、つかの間の音楽タイム

35周年ライブでも好評だった「海賊船」を更にパワーアップするべくアレンジを追加

もともとミスタードラムマンのために作った曲、もうひと暴れしてもらおうと、単独のソロ部分を追加してみた。

エキサイティングな演奏になるように、、、、

トレーニング再開が少し、、、、楽しみだ。

鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.625-10  三点セット  T-Kayano

2014-01-23 | Weblog

5年連続?

今年も、豪雪の記録を更新だ。

っていうか、、、猛暑と長雨、豪雪の三点セットは、もう今後、解消しないような気もしてきた。

人間の贅沢三昧のツケなのか、ただの天変地異なのかは、わからない。

今年も、大災害の恐怖に心の準備だけはしておいたほうがいいかも、、、、

自分の身は、自分で守る、、、、心がけだけでも、、、


鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.624-9  キモイ、、、  T-Kayano

2014-01-16 | 音楽

先日、メンバーから「DVD」が届けられた。

いわずと知れた「Hotline結成35周年記念披露ライブ」の映像だ。

撮影や編集をしていただいたスタッフ・メンバーに敬意と感謝の気持ちをを表しつつ、、、、

しばらくの間、見たいとは思わなかった。

ゲストの「ラッセル・カビール」さんの計算しつくされた演出と演奏テクニック・歌唱力に比して、自分たちの演奏のキモイ度は、見るに忍びないからだ。

ここ数年は、自分たちの演奏直後のビデオを見ることもなくなった。

しかし、「ラッセル氏の分をチェックしよう」と覗いたのがいけなかった。

そこに映っていたのは、監視カメラのごとき微動だにしない「冷徹な風景」だった。

カメラの向こうでうごめき、もがく自分の姿は、地獄におちた火の海を浮き沈みする者に見えなくもない。

自分が演奏中に感じた「恐怖感」を呼び覚まされただけだった。


鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.623-8  アレンジ修正ラッシュ  T-Kayano

2014-01-12 | 音楽

三連休の中日を利用して、「笹子月山太鼓」の「夏」という曲のアレンジを修正した。

残照は、イントロを中心にアレンジの修正作業に着手した。

長年もやもやした気持ちで演奏していたものを、すっきりさせたかった。

残照は、夏までには間に合わせたいと考えている。

新曲の構想も練っているが、、、、もう少し、、、、

鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.622-7  生魚の旨味  T-Kayano

2014-01-12 | Weblog

5年ほど前に、体調を崩して以来「食生活の改善」に努めていることは、これまでもたびたびご紹介してきた。

醤油さしを、スプレー式にする、マヨネーズの使用を制限する、缶ジュースを飲まない、プリン体入りのビールを飲まない、炭水化物の制限、こんにゃくを食べて整腸する、塩味計を使う、、、

こうした中で食生活がだんだん味気ないものになっていってはいけない。

スーパーで加工していない食材を探すのは、一苦労だ。

生魚なんて、めったにお目にかかれない。

今のシーズンは、カレイやタラぐらいだ。

これらの生魚をゆっくり炙って、スプレー式の醤油差さしで軽く味をつけて食べると「これが絶品」だ。

加工した食材はもともと塩味が濃くて、本来の味が消されている。

旨みが消された「高血圧の素」をせっせと食べていたことになる。

手間をかけなくても、美味しく健康食生活ができることを知った。

今夜も、炙った「生タラ」とプリン体のないお酒で晩酌はいかがですか?


鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.621-6  人感センサー  T-Kayano

2014-01-08 | Weblog

東日本大震災以後、日本の電力事情は、かなり厳しい状況が続いている。

少しでも節電しようと、みなさんあれこれ工夫しているのでしょう。

我が家でも、1000円以下で手に入る「電池式センサーライト」をいくつか購入し、廊下やトイレなどに取り付けている。

仕組みは、人体の動きを感知すると点灯し、動きがなくなると消灯する。

本来は、防犯目的?

自動ドアは、センサー部にアネコ虫がとまっても開く。

だから誰もいないのに「開いた」と過去女子が絶叫することがある。

人感センサーも「アネコ虫」に反応することがある。

だから誰もいないのに「点灯」したりする。

またも、過去女子が絶叫することになる。

電池式は、平気で1年ぐらいはもつので、電気料金の節約にはもってこいだ。

おまけに自動消灯だからスイッチのオンオフ作業がない。

だから消し忘れがない。

検討してみる価値アリですよ。


鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.620-5  瀕死の重傷  T-Kayano

2014-01-07 | 音楽

昨年12月22日の「ホットライン結成35周年記念披露ライブ」で私が使ったアルトサックスは、実は「瀕死の重傷」状態だった。

19歳の頃に、なけなしの10万円をはたいて購入した。

当時最も安かった学校向けの入門者向けのサックスだった。

以来、37年間私のそばにいて、手入れらしい手入れもしないままライブにつき合わせ、先日のライブにこぎつけたが、本当はもう限界だった。

Gシャープキーに包帯を巻き、強制的に吊り上げギブスをした状態で演奏をしていた。

プレーヤーの中では、決して評判のよくない機種だが、これほど長く付き合っていると当然愛着はある。

この先の活動を考えると、機種の更新には、相当の決断が要る。

サックスという楽器は、一度手に入れたら「一生もの」なのだ。

これ以上酷使することも忍びないのだが、、、、、


鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.619-4  滑り止め  T-Kayano

2014-01-05 | ふるさと

今年の正月は、天気予報で注意を呼びかけていただいた割には、当地域は穏やかになった。

とはいっても、ゆうに1mを越す積雪はあり、それなりに雪かきにいそしんでいる。

ところで、湯沢雄勝地区に行くと民家の屋根という屋根には必ずと言っていいほど「滑り止め」がついている。

「落雪防止」が目的なのだと思うが、どう考えても隣家と離れているのに「滑り止め」は、しっかりついている。

軒下を歩くのに危険だとのことなのか?

休日ともなれば、みな高所に昇って雪下ろしに精を出している。

非常に危険な光景だ。

今シーズンもすでに屋根から落ちて亡くなっている方がいると聞く。

我が家といえば、屋根のトップに「雪割り」をつけてから雪下ろしをしたことがない。

その地域にはその地域の事情や習慣があるのだろうけど、自分たちには非常に違和感を感じる光景だ。


鳥海ホットラインはこちらから http://www.hotline.crap.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.618-3  禁断症状  T-Kayano

2014-01-05 | 音楽

1月5日、正月休みは今日が最終日

12月31日と元旦に勤務したので、あまり長い休みだとは感じなかったけど、ようやく昨年の疲れがとれてきたかなと感じる。

12月22日のライブのあと、残務整理を終え年賀状を作成し、音楽に浸ることもなかった。

けれども、頭の中は今年やってみたいことが次々と巡っては消えていく。

敢えて楽器や音楽機器に触れることをやめてみたけど、やっぱり「イライラ」してくる。

これが音楽中毒?

1月いっぱいは、休息期間ということで「健康維持トレーニング大会」もない。

今年は、仕事がよりハードになることが明らかとなっているだけに、昨年のようなダッシュが可能かも自信がない。

この過疎地域を音楽の杜にするのが夢だが、どんな方法があるのだろう、、、、


鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.617-2  箱根駅伝  T-Kayano

2014-01-03 | ふるさと

正月2日3日の恒例スポーツイベント

いつの頃からか、よほどの用事がないかぎり、「箱根駅伝」のTV観戦が正月の過ごし方になってしまった。

一人1時間前後の激走を10人でつないでいく

大学間のつばぜり合いも見ものだが、シード権争いや、選手の中に秋田県出身者がいたりすると興味は倍増する。

昨日の往路、国士舘大学の5区の選手も秋田工業高校の出身だった

昨日は、異例の速さで繰り上げスタートがあったり、疲労骨折による山梨学院大学の途中棄権があったり、、、、と作り物にはない生々しい展開に観戦ボルテージもヒートアップした

彼らの必死のトライに、この一年の自分の心持を固め、確認するひとときだ。

もうまもなく、復路の号砲がなる、、、、、



鳥海ホットラインはこちらからhttp://www.hotline.crap.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加