Hotlineブログ

ナイスミドル系バンドHotline

メンバーが自由な視点で、不定期に記事をアップします。お楽しみに!!

No.83 天才!?

2004-07-29 | Weblog
先日のテレビ朝日系「報道ステーション」(毎週月曜~金曜日)21:45~23:10テーマソング「OPEN MIND」を演奏している松永貴志&矢野沙織のミニライヴを見た方いるでしょうか?

ピアノ松永貴志が18歳、サックス矢野沙織17歳という若さで天才ジャズミュージシャンということで紹介されていました。

ジャズといえば思い浮かべるのが黒人の心の叫び、アドリブ合戦などちょっと難しい究極の大人の音楽というイメージがある。が、この2人はまだ18、17歳である。

5歳から始めたピアノと小4から始めたサックスという字幕スーパーだったが早く始めればなんでもいい訳ではない。それに天性の物がないとなかなか・・・

どういう環境で育ったんだろうと聞きたいもんだ。

演奏はというとうたい文句のようにやはり素晴らしかった。

この番組を見たブラカヤも絶賛していたこの高校3年生のサックス奏者、実は私の遠縁にあたるのである。(叔母の孫)本人は見たことはないが叔母(幸と書いてみゆきと読む)は年に3回位山菜、キノコ取りに東京から遊びに来る。話はよく聞いていたがこんなに早くメジャーになるとは誰も思っていなかったみたいだ。

「報道ステーション」に生出演する時は叔母から電話がありまさかと思った。ビデオセットせ、CD買えなどうるさく言われ半信半疑だった。

こんどはホットラインのCDを買ってもらうことにしょう!(いらないとは言わせない)



<コマーシャル>

矢野沙織公式HP http://www.commodojazz.com/#

         http://columbia.jp/~yano/



興味のある方、一度アクセスしてみて下さい。

 

ホットラインオリジナルTシャツ
2004年サマーバージョン


夏らしい夏が毎日続いています。

目白押しの行事で体が悲鳴を上げていますがなんとかしのいでいる毎日です。

一人で海にでも行ってのんびり生ビールでも・・・いいですね。

Bass Manヨシト
次回の練習日は8月5日 PM 7:00~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.82 小さな手、大きくなったら何を掴む...

2004-07-22 | Weblog
ここ数年の7月は、公私ともに慌しく過ごしている。どっちを向いてもやらなければならない事が数倍に膨れ上がり、結構ツライ... 夏のヤマ場である。一つずつ片付けていきたいのが本心だが、それでは到底間に合わず、多くの課題を平行してやらなければならない。時にはかなりのストレスを感じることもあるし、「早く解放されたい」...そう思う。
昔フィリピンで仕事をしていた時、「早く日本に帰りたい」と思った。しかし、自分達に課せられた仕事をまっとうしない限り、帰れるはずもない。夢中になって仕事をした記憶がある。
不器用な自分は、今でもそうすることしかできないようだ...

さて、今回は自分が携わっている”夢”に関したプロジェクトの一部を紹介しよう。

鳥海町立 直根(ひたね)小学校 児童数72名
自分の母校であり、現在はPTA会員で文化部に所属している。今年度は創立130周年にあたるので実行委員会を発足し、先生も含めたベストメンバーにて記念誌を作ることになった。
月並みの記念誌はどこにでもある。1~2年は心に残っているかもしれない。だが5年後、10年後まで残るだろうか?
どうせ作るなら一生忘れない宝物のようなものにしたい。そしてより良い方向へ行くためのきっかけになれたら本望だ。

テーマは”夢” 直根小学校の廊下の壁には数年前から全校児童の写真と将来の夢が短冊にして掲示されている。それぞれの夢は個性があふれていて、それを見ていると理屈抜きで心が躍る。記念誌はこれしかない...児童達からこの夢を具体的な作文に、そしてそのイメージを絵に描いてもらった。

本番はここから...
1.この夢の作文と絵を手紙にしてある人に渡す
2.ある人から夢を実現するためのアドバイスをもらう(手紙)
...略

ある人...それはその夢のプロの方(本職)
大工さんになりたい...本物の大工さん
プロ野球選手になりたい...プロ野球選手

このように児童72名の夢に対し、それぞれのプロにアドバイスをお願いするのだ。夢は十人十色...医者、歌手、芸人、プロ野球、花屋、漫画家、釣り名人、、、バラエティにとんでいる。
実行委員全員で職業毎にアドバイザー(プロの方)探しを分担することにした。...かなり苦戦した職業もあるが、さすがはベストメンバー、大半のメドがついた。夏の終わり頃までには72のアドバイスが揃うであろう...

児童が夢に近付く日はもうすぐだ...

 

先日見た某学童野球大会より~
直根小72名中、6名が将来プロ野球選手になりたいという


この光景がTVで放映されるかもしれない
大きくなった背中で


皆さんは夢を見ていますかー? 大人だって夢を見たいですよねー!
規模はともかく何でもいいから夢を持てば、毎日にハリが出ますよー!

さて、梅雨明け宣言でましたね!これからは海ですよ海!

早く行きたいな...

by ヨシヒト

次回の練習日は7月29日 PM 7:00~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.81 生が一番、夏はベンチャーズ??

2004-07-15 | Weblog
毎日暑い日が続いてますね。 こんな時は生ビールをゴクゴクと一気のみ。 こんなことを思い出すと、発泡酒が友達の私はよだれが出てしまう。

先日、県立由利高校吹奏楽部の定期演奏会に行ってきました。 親戚の子供が出るということで、それほど期待も無く、久々にブラバンの演奏を聴こうかと思う程度で子供と一緒に出かけてきました。 自分が高校時代に文化会館で定期演奏会をした時のガラガラ席を想像して入場した私に映った満席の会場。 実際に演奏を聴いてみると、女の子だけで演奏しているとは思えないパワフルな演奏に目が釘付け、いや耳が釘付けになりました。 演奏の正確さから、かなりのつらい練習を乗り越えて来た様子が伺えました。 今回は民謡部とのジョイントの有り、かなりのハイパフィーマンス。 生徒達で考えた演出など、演奏終了後思わず目頭が熱くなりました。 いつも、ハラハラドキドキ状態で演奏している自分が小さく見えた一日でした。 「練習で出来ないことは、本番でも出来ない、奇跡を期待して演奏するな」 ピアノ教室に通っている娘に言いながら、自分へも戒めている次第です。

ベンチャーズの来日公演のCMがTVで流れている。 CMを見ていて30年ぶりにあることを思い出した。 高校時代、下宿屋にアルゼンチンの留学生が二人やってきた。 フレンドリーになったある日、私が友人から借りたベンチャーズのレコードを聞いていると、「これは何だ」と聴いてきた。 いつもせっかちで、想像を膨らませる私は彼の質問が「この音の楽器は何だ」と勘違いし。エレキギターを指先、ベンチャーズと言ってしまった。 エレキギターもベンチャーズも知らない彼らは、エレキギターのことをベンチャーズと覚え、アルゼンチンに帰っていった。

 

来週の消防訓練大会にちなんで...(^^;
「規律訓練」と「ポンプ操法」というのがあります。
こちらは小型ポンプ操法(モデルは13分団)


審査はほとんどが減点法。よって規定の動作(操作)を
確実に行わなければならない。
決められたことを守りつつも、俊敏に華麗に見せる...
ある意味、「ショー」といえる。
写真はホース内の排水をしているところ


来週は鳥海町の消防訓練大会直前なので練習休みです!

(ドラムス、ベース、ボーカルは現役消防団員)

暑くなるかな...

by トシカズ

次回の練習日は7月29日 PM 7:00~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.80 アマチュアバンドの存在意義

2004-07-08 | Weblog
このたび、本荘市を中心に活動をしている「ブロンズ」さんのCDを入手いたしました。(ちゃんと買ったものです)
編成は、ホットラインと全く同じで女性がサックスとウインドシンセサイザーを担当しています。  当HPをご覧の皆様の中には、ライブをお聴きになった方もいるようですが、どんな感想をお持ちでしょうか?

曲は、全曲リーダーのオリジナルのようで、マイナーの16ビートが果てしなく続く1枚でした。
唄がないため当然テクで聴かせるタイプですが、この点に関してはホットラインはとてもかなわないなと思いました。
アドリブを多用しないどちらかと言えば映画のサントラ風のサウンドでその筋のマニアにはたまらない曲構成かもしれません。バンドのプロフィールも半端でなく、バンドコンテストで全国レベルの成績を残しているようです。(魁新聞ですでにご存じですよね)

アマチュアバンドの音楽は、とかく自己完結型で購買者のことは二の次のような雰囲気がありますが、それがかえって固定したファンを根強く獲得できる理由かもしれません。 今、レコーディングの真っ最中です。より多くのリスナーに支持される曲作りにがんばりたいと思いますが、来年以降のCDは、メンバー一人一曲で構成できるように奮起してもらいたいなあとも考えています。  年齢的に若い人たちだけにアピールする音楽だけじゃなく、より幅広い活動をするためにどうしたらいいのか真剣に悩んでいる今日このごろの私です。

 

レコーディングエンジニア
ソノベ氏がんばってます。


ボーカルレコーディング中!


コーラスレコーディング!


Bassマンよしと氏もコーラス参加!
熱唱してた


夏休みのある方は、毎週月曜の午前11:30~

FMゆーとぴあを聴いてくださいね!(76.3MHz)

by ぶらぼ~なかやの

次回の練習日は7月15日 PM 7:00~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

No.79 自信過剰??

2004-07-01 | Weblog
雨が降り続くわけでもなく、晴れ間の多い今年の梅雨です。

どうも巡り合わせが悪いのか?バンド行事をはるかに過ぎた頃にニュース当番がまわってきます。 さすがに、3週連続レコーディングの話じゃ、つまらないですよね。 そんなわけで、ここしばらく個人ネタが多いDrums担当です。 とりあえず、続報として、たばこをやめて2ヶ月が経過しようとしています。

さて、今回はどういう話題にしましょうか? HPのメンバー紹介にも書いてありますが、バンドの他に「和太鼓」もやっています。 グループを結成して12年が過ぎました。 さすがに今は世の中不況で、イベント等への出演依頼は、最盛期の3分の1以下に減っています。 これまで年間38回公演というのが最高だったと思います。

Drumsの経験があったので、和太鼓なんて、どうってことないと、正直思っていた。 結成当初は、指導者がいるわけでもなく、太鼓グループとは名ばかりで 練習日は決めるものの、早めに切り上げ、酒のみだった。 そんなある時、「太鼓講習会」というのが県であるから、是非参加してみなさいと 当時の町内会長に言われ、あまり乗り気でないまま、行くことにした。

男鹿市で開催のこの会は、全県の太鼓愛好者を集め、1泊2日の日程。 といっても、1日目は午後から受け付けがはじまり、色んな説明を聞いたりで 実際に太鼓をたたく時間は、せいぜい1時間ちょっとくらいのスケジュール。 「模範演奏」というのがあり、要は、この講習会の先生に当たる方達の演奏。 確かにすばらしい!!けど、あれ位ならまだ自分にも十分できる.... この時点でもそう思っていた。

いよいよ数グループに分かれ、実際の太鼓をたたく時間がやってきた。 自分のグループの先生は、独身の若い先生で、これまた結構綺麗!! 基本打法や、簡単な譜面の読み方など、一応の説明のあと 「それでは、みんなでやってみましょう」と先生の太鼓のバチでテンポをとって、 ドンドン、ドンドンと始まった。 ここでも、な~んだ!!どうってことないな。ドンドン、ドンドン..... 先生がテンポを取りながら、みんなをチェックして行く。 ふと、自分の前で立ち止まった。しばらく動かない。一体なに?何なの?・・・・・・・・ 「ドラムじゃないんだから、和太鼓の基礎をしっかり覚えてください!!」から始まり、 「足をもっと開いて、構えが全然駄目!!打ち終わったバチはフラフラさせない! 手を上げる時は耳まで垂直に上げる!など、etc...」 なんだこりゃ???の世界に一気に引きずり込まれる。 途中休憩時間を入れても、わずか1時間の出来事だった。

その夜、夕食兼宴会兼交流会の席で、ビールの中瓶を片手で持てませんでした。 さらに、コップや杯を持った手がガタガタ震えます(決してアルチューではありません)。 全くの握力低下となっていました。自分にとっては、いかに過酷な1時間だったかを物語っています。 ふと、向かいの席に目をやると、さっきまで自分と同じグループにいた女性が(50歳位) 何事もなかったように、元気に宴会を楽しんでいます。 「あの~、腕とか手は大丈夫ですか?」と聞いてみた。 3時間の練習を週2回していることや、最初は誰でもそうなることなど、の応えが返ってきた。

そして、翌日、新たな気持ちでがんばり通し、無事終了証をいただいたが、 手は血豆が破れ、あたかもグローブのようにはれあがり、全身筋肉痛で、やっと歩ける状況でした。 この表現は、決して大げさではありません。

このあと、6年連続参加しました。 ちなみにこの講習会、現在も毎年行われています。 興味のある方は、どうぞ。

太鼓に対してあまりに軽視していた自分の発見と、これを機に、自分の太鼓グループも 上達させたいと、初めて思った瞬間でした。 町内会長はそれを感じさせたかったのだろうか? 今は、この世にいません。 そして、この時の若くて綺麗な先生も、二児のお母さんになっています。

 

鳥海前ノ沢太鼓 プリントTシャツ作品集(非売品)
1.抱きミョウガ バージョン


2.重低音 バージョン
(人間のノリ)



3.太鼓ビート バージョン
まだまだたくさんあります!着ている人を見かけたら、
きっと前ノ沢太鼓の関係者...間違いないっ!


日本の夏!!
今年の夏はどうでしょうね? 暑くなりそうな気はするんですが。
機会がありましたら、生ビールで乾杯しましょう!!!

男の夏!!消防の夏!!!っていう人もいるんでしょうね。

by 村上

次回の練習日は7月8日 PM 7:00~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加