Hotlineブログ

ナイスミドル系バンドHotline

メンバーが自由な視点で、不定期に記事をアップします。お楽しみに!!

2017-1340-66 ☆65回目☆レンタルオフィス

2017-10-09 | 音楽
連休最終日

早朝5時から 畑の整理 農耕用具のおかたづけ

8時半まで 作業をこなし

義母を外に連れ出すべく 作戦決行!

義父が亡くなって間もなく一年

マネージャーが毎日通って面倒を見ているとはいえ

83歳の一人暮らしは さみしいことだと思う


小ドライブは どうせなら 一人でも人数が多いほうがいい

ということで 初秋の 法体の滝に向かうことに

午前11時出発と決めて マネージャーは弁当作りにばく進


自分は それまでの2時間を使い 自主トレに向かう

場所は 松ノ木パーク


山奥の駐車帯で沢に向かい SAXの自主トレに挑む


マイクロプレーヤーを胸ポケットにしまい込み

ヘッドホンの伴奏を頼りに サックスを生演奏


近くには もちろん 民家などない

熊が驚いて出て来るやもしれない



時折 休憩に立ち寄るドライバーがちらほら


背後に人の気配を感じるも

構わず 演奏を続ける


程よい 緊張感が 全身を包む


自宅でのトレーニングとは明らかに違う感覚


なんといっても 大自然に向かい アドリブ演奏をするなんて

これ以上の贅沢はない 

そう思う


また 背後に人の気配


トイレを済ませても まだ いる


どうやら じっくり聴かれている感じ、、、


緊張感は更に高まる

背中にうっすらと汗さえにじむのを感じる

アドリブは いつもより滑らかに指を走らせる


人を立ち止まらせることができたのかな?


その人の感想を聞く術もしらない



2時間あまり


さわやかな緊張感を残して


義母とマネージャーを乗せ

法体の滝へ GO!

時間は午前11時


法体の滝は

5分の紅葉といったところか、、、


思ったほど寒くはなく

家族連れや カップルが

思い思いに バーベキューなどで

楽しんでいた


義母と一緒に記念写真を撮ろうしたら

突然 義母が 笑い泣き


83歳でドライブに連れてきてもらった喜びや

今 見ている風景のことを

あれこれ 考えているのかもしれない


うれしさと 淋しさと

相半ばする

表現のしようのない

感情が 83歳に 押し寄せてきたのかもしれない


自分も

あと20年ほどで その歳になる


自分の心持を たくましくして

気丈に 最後の時まで生きていけるだろうか


漠然とした 不安や 楽しみや 淋しさが

あの世とやらの存在を 人々に肯定させてしまうのだろう


あの世とやらで また 楽しく暮らせるのだと思いたいからこそ

宗教というものが  人々を支配し続けるのだろうと

ふと思った




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017-1339-65 ☆64回目☆レン... | トップ | 2017-1341-67☆66回目☆レンタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL