ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワ スタッフブログ

ホテルイベント、海洋博公園、沖縄美ら海水族館など、沖縄やんばるの情報を若手スタッフ中心にお届けします♪

皆既月食―幻想的な月が見れました。

2007年08月29日 | Weblog

皆既月食(ホテルマハイナ屋上より)

8月28日の夜8時40分頃、ホテルマハイナから
皆既月食を見ることができました。

月が地球の影の中に入ってしまうというこの現象が
見られるのは、6年ぶりのことだそうです。

沖縄本島北部地方は、午後6時過ぎからどしゃぶりの雨で、
月の観察は諦めていましたが、8時過ぎには雨が上がり、
とうとう写真のような幻想的なお月様が出てきました。

地球の影に入っている時の月は渋い赤茶色。
月が徐々に地球の影から抜け出てきているため、左下側部分から
月本来の色と明るさに戻っているのが分かると思います。
こうやって見ると、改めて月の輝きを実感しますね。

次に皆既月食が見られるのは、3年後の2010年12月とのことです。

広報 O


この記事をはてなブックマークに追加

沖縄はお盆に入りました。

2007年08月26日 | Weblog
沖縄は、8月25日から3日間お盆です。
沖縄のお盆は、毎年旧暦の7月13日~15日に行います。
最初の日を「ウンケー(お迎えの日)」、2日目を「ナカヌヒー(中日)」、
3日目を「ウークイ(お送りの日)」といいます。

沖縄のお盆と切り離せないのがエイサーです。
エイサーは、無病息災、家内安全、繁盛を祈り、祖先の霊を供養する
ために始まったものです。
現在でも、お盆の3日間は、各地区の青年会による伝統エイサーが
夕暮れから夜にかけて町を回ります。
涼やかな夜の風に乗って聞こえてくるエイサーの太鼓の音が、
沖縄のお盆の象徴ともなっています。

さて、そんなわけで、「ウンケー」の日の25日は、ホテルマハイナにも
地元本部町の青年会がエイサーを披露しに回ってきてくれました。
あいにくの悪天候でしたが、備瀬青年会、大東山青年会、大浜青年会の
皆さんが、伝統のエイサーを見せてくれました。
(瀬底青年会は悪天候のため中止させていただきました。)
皆さん、どうもありがとうございました。

沖縄では、「ウークイ」の27日まで、あちこちでその地区の伝統的な
エイサーがご覧いただけます。地区ごとにそれぞれ特徴がありますので、
面白ですよ。

ちなみに、ホテルマハイナでは、26日午後6時から瀬底青年会、谷茶
青年会、崎山青年会(今帰仁村)が、また27日は、お隣の「海の駅」にて
午後6時半から備瀬青年会がエイサーを披露する予定です。

本場沖縄の伝統エイサーをお楽しみ下さい。


備瀬青年会のエイサー。勇壮で格好良かったです。

広報 O


この記事をはてなブックマークに追加

プロモーションビデオの撮影が行われました。

2007年08月14日 | Weblog
地元本部町出身のバンドhearts growの「小さな恋の歌」の
プロモーションビデオ(PV)の撮影がホテルマハイナで行わ
れました。
メンバーの歌うシーンで当ホテルの屋上が使われているほか、
ホテル自慢のカラフルな紅型柄のバス“まはいなバス”も出演
しています。
このPVは、ユニクロのホームページの「UNIQLO JEANS MAGAZINE」
からご覧いただけます。
ご興味のある方は、チェックしてみてください。

広報 O

この記事をはてなブックマークに追加