石木川まもり隊

石木川を守ること  それは里山を守ること  それは海を守ること  それは未来を守ること  
ここにダムは要りません

ブックレットの紹介 

2014年03月31日 | 報道

29日のブックレット出版記念集会が30日の朝日新聞に掲載され、

ブックレットの内容についても、きちんと紹介していただきました。

 

この記事を見て、さっそく注文の電話が4本入ってきた!

と、担当者から嬉しい報告。

 

NBCでも、30日のニュースで報道されました。

石木ダム闘争50年の記録を出版
03月30日
東彼杵郡川棚町に計画されている石木ダムに反対する住民らが、これまでの闘いの記録を1冊の本にまとめ、その出版を記念する集会が29日開かれました。本のタイトルは『小さなダムの大きな闘い』(花伝社刊・96ページ)石木ダムをめぐる50年に及ぶ反対闘争の足跡が記されています。固いテーマだけに写真やイラストを活用し読みやすくしたほか、機動隊を投入して行われた32年前の「強制測量」など、これまでの経緯を座談会形式で振り返り、一般の市民にも石木ダム問題を理解しやすいよう工夫されています。佐世保市で29日に開かれた出版記念集会には支援者ら50人あまりが出席。本の編集にあたった地元住民らが、苦労話や知られざるダム闘争の歴史などについて語りました。石木ダム計画は、去年9月、国から「土地収用法に基く事業」として認定され、反対地権者の土地を県側が「強制収用」することも可能な状態となっています。支援者らは「この本を通して、多くの県民に「石木ダム問題」について関心を持ってもらいたい」と話しています。石木ダム闘争の歴史を分かりやすくまとめた本『小さなダムの大きな闘い』は1冊1000円で販売されています。

 

また、出版社の花伝社にも、書籍案内が出ています。

http://kadensha.net/books/2014/201403chisanadamu.html

オンライン書店

    

 などでも購入できますよ~

もちろん、こちらへお申込みいただくのが、一番安くて速いと思いますが。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ブックレット出版記念集会 涙あり笑いあり

2014年03月29日 | 活動

朝から本格的な雨。風も強いし…。

告別式とも重なって、今日の参加者は少ないだろうなぁ。。

予想通り空席が目立つ中、石木ダムブックレット出版記念集会は始まりました。

しかし、始まると・・・

座談会の原稿をまとめた苦労話を笑って話す編集長。

「テープおこしされたものを原稿にまとめる作業ですが、

 はじめは別の人にやってもらう予定だったんですけどね、

 方言ばっかりで理解してもらうのが難しく…結局私に回ってきたんですよ」

似顔絵の苦労話(本人の気分を害さない程度に描く難しさ)にも皆大笑い。

そして、登場、川原の肝っ玉母さんたち。

みなさん美人揃いなので、多くの男性がさかんにカメラのシャッターを切ってましたよ。

そして、その頃には会場もほぼ満席…よかった~

 

1982年の強制測量を振り返って、

「機動隊が鉄人28号のように見えました」

「支援者もたくさん来てくれたので、1軒あたり一升の米を炊いておにぎりを作った」

「機動隊に暴力を受けた時、殺すなら殺せー!と思いましたよ」

等々の話を、私たちは面白く聞いていましたが、

T子さんは話し出すと胸が詰まって、十分に話すことができませんでした。

もう32年も前のことなのに、思い出すと今でも冷静ではいられない、

辛い経験があったのですね。

いつも明るく笑顔が絶えないT子さんなのに、どう対応したらいいのか…

と焦っていたら、S子さんが、T子さんの思いを代弁してくれました。

 さすがです!

こういうところにも、家族のような川原地区の人間関係が垣間見えたのでした。

 

その集会の一部始終がユーチューブにアップされています。 

 

 

この録画を見て、ブックレットを読んでみようかな~と思われた方は、

是非ご連絡ください。

お送りしますよ~  送料・税込みで1000円です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんかおかしくないですか?佐世保市議会

2014年03月28日 | 議会

今日、「石木川まもり隊」と「水問題を考える市民の会」の代表3人は、

佐世保市議会議長と面会し、先月の申し入れのお返事をいただきました。

 

申し入れの内容とは、

石木ダム計画について議員の皆さんと意見交換をしたいという要請でした。

 

実は昨年12月24日、私たちは、まず石木ダム建設促進特別委員会の議員さんたちと意見交換をしたいと要望書を提出しました。

そのお返事は1ヵ月後の1月24日、同委員会委員長より口頭で告げられました。

私たちは石木ダム建設促進という冠を頂いた委員会であり、推進の立場を変えるわけにはいかない。皆さんと意見交換しても意味がないので要望には応じられない」というものでした。

しかし同時に委員長は提案してくれました。
議会全体の中には反対議員もいるし、推進の立場であっても皆さんの話を聞こうと思う議員もいるかもしれない。議長に申し出てみられては…

なるほど、確かに、そちらなら可能性は高いはず。で、私たちは、議長あてに同様の申入書を2月17日に提出し、そのお答えを今日やっともらえたというわけです。

 

本題に入ると、議長さんはメモを読み上げながら回答されました。

議会開催中に各会派の代表に集まってもらって検討をした結果、

中立的立場の事業認定庁が賛成反対双方の意見を聴いて、

石木ダムの公益性必要性を認めている、

よって、石木ダムの必要性を論じる段階はすでに過ぎている、

議会全体として、このことについて意見交換の場を持つことはしない。

ただ、皆さんが個別に議員にあたってやるのはかまわない。

 

こんな内容のお答えでした。

私たちは結論的なことを話し合うのではなく、資料をもとにお互いの認識について意見交換したいと思っているのです。

事業認定庁の判断を下したといっても、その元となった佐世保市の利水計画について疑問を持つ市民の意見も聞いてみてもいいのではありませんか?

と言うと、

副議長が横から、「国の判断が間違っていると思うなら、国に申し立てればいいでしょう?」と言う。

もちろん、そのつもりです。

しかし、国の判断は横に置いておいて、佐世保市の水問題を、市民と議員さんが意見交換するのは悪いことではないと思うのですが・・・

と言っても、各会派の代表が集まって決まったことだから…の一点張り。

そして、「今世紀は水戦争が起きると言われている。これから起こり得る異常気象に備えるためにもダムは必要なんです」と件の副議長がおっしゃるので、

「世界的な水戦争については同感です。そのような地球規模の水問題を考えることも大切だし、そういう共通認識の中から互いに理解し合えることがあると思うんですよね。ぜひ意見交換させていただけないでしょうか」と食い下がると、

「いや、いくらMさんと共通認識があっても、議論するのは無駄ですよ。結論が違うんだからと切って捨てる言い方。

「私も市民の意見は聞いてますよ。私の周りの人たちはみんなダムが必要だと言ってますよ」

「M議員の周りの方はそうでしょうが、違う市民もいるわけですから、その違う声を聴くことも必要なことではないでしょうか?」

「いや、私の周りだけじゃなく、ほとんどの市民がそうなんだから…」

「ところが、私たちが市民アンケートを行うと、結果はそうではないんですよ」

「いや、それは、そういう場合もあるかもしれないがムニャムニャ…」

 

その後も結論は変えられないとの主張だったので、

私たちは、それぞれの会に持ち帰って報告し、その結果をまた文書で報告することを伝えて退室しました。

が、その前に、「水問題を考える会」のSさんがこんなことをおっしゃいました。

 

実は私も数年前までは、ダムは必要だろうと思っていました。

ただ、石木ダムを造るとなると、そこに住んでいる人を追い出すことになる、

それだけがひっかかっていました。

ところが、2008年に現地で開かれた学習会に誘われて、恐る恐る行ってみました。

そこで聞いた大学の先生たちの話がさっぱりわからなかったので、

勉強する必要があると思って、「水問題を考える市民の会」を作って皆で勉強していくうちに、ダムが必要ではないことがわかってきたんです。

だから私は、議員さんにもそういう話をしたいし、そういうことを考えてほしいんです。

 

Sさんの話が、その場にいた議員さん、職員さんの心に、少しでも響いていることを願いつつ、市役所を後にしました。

 

そして、夜には、同じ佐世保市議の速見篤議員のお通夜に出席しました。

石木ダムをなんとか止めようとなさっていた、数少ない議員のお一人でした。

残念です。

合掌。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブックレット出版記念集会 開催!

2014年03月25日 | 活動

お知らせします。

石木ダム問題ブックレット『小さなダムの大きな闘い』の出版を記念して、

出版記念集会を開催いたします

 

日時=3月29日(土)14:00~

場所=佐世保市労働福祉センター 3階 中会議室
  (長崎県佐世保市稲荷町2−28 956-32-8929 )
 http://www.city.sasebo.nagasaki.jp/www/contents/1215158519004/

 

佐世保市近郊にお住まいの方でお時間のご都合のつく方は、是非いらして下さい。

ここでしか聞けない執筆者の裏話やこぼれ話が聞けますよ~

また、川原の肝っ玉母さんたち、

『小さなダムの大きな闘い』を支えてきた女性たちの話も聞けます。

 

半世紀にわたって、世代を重ねて、守ってきたふる里。

でも女性たちはそこで生まれ育ったわけではない。

嫁いできて初めて石木ダム問題に出会い、闘いに巻き込まれていったはずなのに、

気づいてみれば・・・

 

どんな話が聞けるかな?

涙と笑いの本音が聞けるかも?・・・乞うご期待!

また、会場には、挿絵の原画や、写真もたくさん展示します。

ゆっくり見ていって下さい。

 

そして、お得情報!

当日、会場でブックレットをお求め頂いた方には、オマケがつきます。

漫画『ダムのツボ』をプレゼント致します。

 

では、皆さん、29日、会場でお会いしましょう~

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石木ダムに関する記事2つ

2014年03月22日 | 報道

石木ダムに関する記事を2つ転載させて頂きます。

 

1つは、昨日の長崎新聞の「声」の欄。

長崎市民の方の声です。

 自然保護の観点から石木ダムは撤回してほしい。

石木川流域だけでなく、大村湾をこれ以上汚染させないために、

大村湾沿岸の漁業従事者のためにも…と、おっしゃっています。

 

 

こちらは、記者が、県議の発言に撤回を求めています。

記者が目撃した事実に基づき、記者が感じたままに書いたことを、

誰かに言われて書いたなどと、かってな憶測で批判するなどとんでもないこと!

記者が怒るのは当然だし、

「記者の目」という名のコラムを掲げている新聞社自身、かなり怒っているに違いない…

 

この県議は「マスコミは反対地権者、世論のほうを見ながら報道している実態がある」

と語ったそうですが、私たちからみると、

「ほとんどの県議は、県=行政の方ばかり見て、世論=県民の声を無視している実態がある」

と言いたいですね~

県議は県民の代表のはずなのに… 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加