石木川まもり隊

石木川を守ること  それは里山を守ること  それは海を守ること  それは未来を守ること  
ここにダムは要りません

熱気ムンムン未来ミーティング!

2015年11月30日 | パタゴニア

皆さん、昨日の「ほたるとマルシェ」行かれましたか?

なんじゃ、それ?

この時期にホタル?と思いますよね。

そんな方は、今日の西日本新聞をどうぞ~

そうなんです。

佐世保には縁もゆかりもない有名人のお三方が、なぜか佐世保の未来について真剣に考え、

熱く語ってくださった不思議なイベントだったのですが・・・

実は常日頃から感じている共通の思い(自分たちの未来は自分たちでつくっていかなきゃあね!)があって、もっと環境のこと、未来のこと、真剣に考えようよ!と話し合ってる時に、なぜか?この石木ダム問題に出会われたんですね~

で、実際に石木川を見て思ったこと感じたことを佐世保市民や川棚町民と共に語り合ってみたい!

と企画されたイベントです。

 

そんな深~い思いはおそらく想像もせずに、早くから集まってくださった皆さん!

寒い中、この行列!

「ほたると未来ミーティング」のチケットを求めて、販売開始3時間以上前から並んでくださっています。

地域づくりや環境問題に関心があってやって来られたのか・・

それとも、やはり本音は、伊勢谷友介!いとうせいこう!小林武史!に会いたい!かな?

伊勢谷さんを見たくて長崎からやって来たという人も数人いましたよ~

 

皆さん、チケットを買った後は、会場そばで同時開催された「おかしかmonマルシェ」を楽しみながら、3時開会までの時間をゆっくり過ごしてくださいました。

手前にあるブースはマルシェの出店者。

並んでいる自転車は「男の店」の商品です。

 

こちらは「南国食堂 地球屋」放牧豚のきのこカレー。

いい匂い、寒いから温まりそう・・・ってことでお客さんも次々に。

 

こちらは素敵な手作り雑貨が並んでいます。

 

こちらは、フェアトレードのチョコがたくさん!

写真がみんなブルーで暗いのは、頭上をブルーシートで覆っているから。

前日の天気予報では雨の可能性もあったので、実行委員やボランティアの皆さんが夜遅くまでかかって青い屋根を準備してくださいました。

感謝!!

 

他にもカフェや天然酵母のパンの店、お弁当屋さん、無農薬野菜の店、自然農野菜の店、スイーツの店、アクセサリーショップやファンシーグッズの店、工房にヒーリングの店まで・・

ほんとにいろんなお店があって楽しい空間でした。

 

もちろん「こうばる小店」も出店しましたよ。

こちらは閉店間際の写真で暗くなった時間帯ですが、

いとうせいこうさんも売り子になって、メインの商品「こうばる米」をアピールして下さっているところです。

 

こうばる小店とは別に川原の風景や人々の暮らしを撮った写真をたくさん展示したブースも設置。

こちらにも、たくさんのお客さんが足を止め見入ってくださいました。

 

昼食は「こうばるブース」のお向いのレストラン「れおリオンドール」で、

本日の特別ランチ「こうばるプレート」をいただきました。

こうばるのお米と野菜を使ったランチ。

野菜の味がしっかり活かされた絶品の一皿でした。

シェフのれおさんも、「すべての野菜が元気で味が濃い。人参には芯が全然無くて全て使えた。丁寧に育てているんだろうね。それとも、水がいいからかな?」とおっしゃっていました。

 

その川原からは3家族の皆さんがイベントに参加。

他人事ではなく、みんなで石木ダムのことを考えるきっかけになってほしい。

と、おっしゃってました。

 

本当にそうですね。

昨日のイベントは、きっと、そのための大きな第一歩です! 

 

こちらの記事もご覧ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「工事差止仮処分申立」は自... | トップ | 石木ダムの事業認定取消を求... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いよいよ、裁判に踏み切った、石木ダム建設反対地権者の気持 (速来津姫)
2015-11-30 23:16:45
何も、悪いことは、していません。

人に、迷惑をかけては、いません。

それなのに、長崎県知事の驕りにより、住み慣れた土地や家を、強制的に取り上げる、と言う理不尽な態度に、我慢出来ず、止むにやまれず、裁判を起こしました。

佐世保市は、慢性的な水不足、と言ったり、長崎県は、川棚町の水害が起こるから、と言ったり、佐世保市水道局は、佐世保重工業SSKの工業用水を4,412m3と、3,000m3も水増しし、つまり、過大評価して、佐世保市の水不足を正当化して、石木ダム建設推進委員会は、間違いを正そうとはせず、うそを平気でついています。

毎年、佐世保市の水が、給水制限になれば、慢性的な水不足、と言えますが、平成6年の渇水から、今まで、21年間は、全然、給水制限には、なっていません。
それなのに、佐世保市は、慢性的水不足、と嘘をついて来ました。

長崎県は、石木ダム建設しなければ、川棚町の水害が起こる、と脅し、正当化を主張して来ました。
が、しかし、平成27年8月に長崎県公共事業評価監視委員会の議事録に、川棚川の川岸の土手を約50cmかさ上げすれば、水害を防ぐことが、出来る、と記載されています。

川棚川の川岸の低い所をかさ上げすれば、水害を防げる、と言っているのです。

また、今回、石木ダム建設予定地のボーリングコアと柱状図には、90地点の中の18地点が、白紙評価、となっていました。
と、言うことは、岩盤でない、と言うことで、「ぬかに釘」「底なし沼」と言ったもので、横浜の偽装と詐欺のくい打ちの再現の様でした。

つまり、岩盤が無い状態だから、石木ダム建設は、今の建築技術でも、無理です。

岩盤でない所は、50m盛り土、とする様ですが、必ず、土砂崩れや土石流が発生し、ダム崩壊で、下流にある、賛成した住宅に、まっすぐ水が流れ込み、多数の死者が出ることになるでしょう。

この責任は、長崎県河川課、と佐世保市水道局です。

つまり、長崎県知事と佐世保市長と川棚町長が、責任をとることになります。

そう、思い起こせば、昭和23年9月11日の大雨で、佐世保市中原町や広田町の人たちが、家ともども流され、東部地区で、死者142人、流出家屋323家屋、浸水家屋5,570家屋の被害が、ありました。

今年、68回忌でした。

何かの因縁じみたものを、感じます。

下流にある、石木ダム建設賛成者の移転住宅地が、人災の災害に会わなければ、良いのですが、と。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL