ホタルの独り言 Part 2

ホタルの生態や生息環境を研究し保全活動をしていますが、様々な昆虫や美しい日本の四季
自然風景の写真も撮っています。

蒲生の棚田(冬景色)

2017-01-03 22:24:37 | 風景写真/冬

新年、明けましておめでとうございます。
本年もまた、ホタルの研究と保全活動はもとより、他の様々な昆虫の生態と姿、そして自然風景の「美」を撮影し、写真と動画で紹介したいと思っております。
3月頃までは風景写真が主となりますが、その後は10月まで昆虫撮影の予定で週末はすべて埋めております。
何卒、皆様方のご指導とご鞭撻をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます 。

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 昨年末に「2016年の自己ベスト(風景編)」という記事にて、一年の反省から本年の抱負を述べておきながら、2017年の年頭に不満足な 写真を掲載することになった。しかしながら、この写真撮影においては、2つの重要な視点を得ることができた。

 この時期、例えば信州に霧氷の撮影に行く場合は、もともと期間が11月末から3月までと長いために、天気予報と現地のライブカメラで様子を確認しながら気長にタイミングを待って出かけているが、蒲生の棚田においては、天気予報のみを頼りにして、冠雪後の晴れを狙って出かけていた。昨年12月18日の撮影は「蒲生の棚田(冬霧)」として紹介したが、水田は雪で覆われていたため春の雪解けまで現れないと思い込み、撮影時期は終わりと決めて、記事では「また来年、挑戦である。」と締めくくっている。しかしながら、その後、雪が解けて水田が現れていたのである。

 年末が近くなる頃、ネット上で美しい蒲生の棚田の写真を見つけた。撮影日時を見ると12月25日とある。これまで確認することがなかった 気象庁が発表している気象データを見ると、十日町市内の積雪量が0になっている。そう言えば、東京ではクリスマス前だというのに、日中は半そででも過ごせたくらいに暖かかった。新潟方面も気温が高く、また降雪がなかったために雪解けが進んでいたのであった。その時は既に新潟方面は視野になく、信州の霧氷に感心が向いており、気温の高さから出かけることなく自宅にいたのである。
 以後、日々更新される気象データと天気予報をチェックし、自身の休日との兼ね合わせで昨年の大晦日に蒲生の棚田を再訪してみた。結果は、予想通りに幾分雪が解けて18日よりも水田の様子が分かる状況であった。この日は朝霧なし、朝日なしで単なる棚田の冬景色で終了したが、天気予報だけではなく、気象データを見ることの重要性と「ダメだろう」という安易な思い込みの危険性を認識することができた。これは、風景撮影だけでなく、昆虫の撮影時でも重要であると言える。
 参考までに、気象データから十日町市における2016年12月の積雪量と日照時間をグラフにしてみると(グラフ1)、12月12日、21日、29日に良い結果が得られただろうと想像できる。 週末写真家にはタイミング的に難しいこともあるが、今後は気象データも参考にして出かけて行き、「蒲生の棚田」の息をのむ光景を撮りたいと思う。

お願い:写真は、1024*683 Pixels で掲載しています。Internet Explorerの画面サイズが小さいと、自動的に縮小表示されますが、画質が低下します。Internet Explorerの画面サイズを大きくしてご覧ください。

蒲生棚田 冬の写真

蒲生の棚田/冬景色
Canon EOS 5D Mark Ⅱ / Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZE / 絞り優先AE F13 3.2秒 ISO 100 +1/3EV(撮影地:新潟県十日町市 2016.12.31)

蒲生棚田 冬の写真

蒲生の棚田/冬景色
Canon EOS 5D Mark Ⅱ / TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD (IF) MACRO / 絞り優先AE F13 1.6秒 ISO 100 +1/3EV(撮影地:新潟県十日町市 2016.12.31)

十日町市における2016年12月の積雪量と日照時間のグラフ

グラフ1.十日町市における2016年12月の積雪量と日照時間(気象庁のデータより作成)

東京ゲンジボタル研究所 古河義仁/Copyright (C) Yoshihito Furukawa All Rights Reserved.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の自然風景(2012-2016) | トップ | 秋元湖(冬の朝景) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
明けましておめでとうございます (みき♂)
2017-01-04 04:45:24
風景撮影も実に難しいものですね。
万事に大ざっぱな自分にはとても真似できません(苦笑)。
また暖かくなったらどこかでご一緒できると嬉しいです。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

こんにちは (多摩NTの住人)
2017-01-05 08:17:49
明けましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い致します。たくさんの芸術写真を楽しみにしています。
謹賀新年 (ホタル)
2017-01-05 21:29:29
みき♂さん、ご無沙汰しております。
新年のご挨拶が遅れまして申し訳ございません。
この時期は、風景を主に撮っていますが、
やはり、昆虫を撮っている方が楽しいです。
春が待ち遠しいですね。
本年もよろしくお願いいたします。
迎春 (ホタル)
2017-01-05 21:32:18
多摩NTの住人様、
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
常に目標は高く持って挑戦し続けたいと思います。
本年も、拙いブログではございますが、
どうぞよろしくお願い致します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。