ポキポキの木にカイロの花

広島市東区の整体・カイロプラクティック「もりたカイロプラクティック」院長公認裏ブログ

広島交響楽団・クラシック名曲コンサート。

2017-05-19 | お出かけ録。
水曜日に初めて広島交響楽団のコンサートに行ってきました。
チケットをいただいた時はすごく嬉しかったのですが、
当日までバイトの連続勤務で、実はその日の朝は遅刻すれすれだったという、
満ち満ちた疲労感の上でのクラシックコンサート。
お船を漕ぎに行くだけになってしまったらどうしようと
不安を募らせておりました。

クラシックの聴き方の決まりみたいなものがよくわからないのですが、
演奏が始まった時からすごい躍動感を感じました。
(ってこんなスポーツ観戦みたいなこと書いてて大丈夫か?)
クラシックのコンサートは初めてではないけど、
何にもないところから音符が生まれるみたいな面白さを初めて感じました。
眠ってしまうことなどとてもできない、2時間あっという間に過ぎました。

指揮者は川瀬賢太郎さん。
後ろの席に座ったご夫婦は彼の指揮が楽しみで来たと話していました。
「のだめカンタービレ」がドラマ化された時に指揮指導をされた方だそうです。

第2部はブラームスの交響曲第1番。
こちらは川瀬さんの解説を聞いてからの鑑賞で、聴き所がわかりやすかったです。
この曲はベートーベンの交響曲に似ていると言われるが、ブラームスさがあちこちに出ている、
ブラームスは生涯独身で、好きな人がいても気持ちを伝えることができなかった、
この曲を聴いていると、盛り上がってきたところでまた戻っていったり、
開き直りのように突き抜けたり、そういう箇所がいくつもある、
そういうところがブラームスらしさ、と。
川瀬さんがそのように解釈して指揮をとっているせいか、
なるほどなーと素人でも思うところが何度もありました。
しかし不器用だったんだね、ブラームス。嫌いじゃないです。

アンコール曲はバッハの「G線上のアリア」でした。
すごくあの旋律が心地よくて、あえて言うならばこの曲が一番眠気を誘われました。
α波CDなんかにも入っている曲だからねえ。

今回のコンサートには次女と一緒に行かせてもらいました。
三人の中でいちばん音楽好きで、バレエを習っていることもありクラシックは遠い存在ではないので。
一生懸命聴いていましたよ。

さすが広島三大プロ、圧巻でした。
身近にこのような音楽にふれる機会が多いのは、恵まれた環境ですね。

あっ、広響、カープ、サンフレッチェですよ!(別にあえて言いたかったわけじゃ・・・)


☆もりたカイロプラクティックからのおしらせ☆
週末のご予約状況をサイトトップページにてお知らせしております。
ご予約の際にご利用ください。
次回の日曜営業日は5月28日です。
みなさまのご利用をお待ちいたしております。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どろだんご。 | トップ | もりたカイロからのお知らせ。 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コンサートのレポート (ひねりて)
2017-05-20 14:39:41
ぽきぽきさん、コンサートのレポートありがとうございます。どんなだったかよくわかりました
指揮者の方は
ノダメにかかわってた人なんですねぇ、知らなかった!

心配していた居眠りもせず
楽しめたようでよかったですね
御嬢さんの今後の感性にとって
良い経験になってくれればうれしいですね~
ひねりてさま (ぽきぽき)
2017-05-20 16:39:23
チケット、ありがとうございました!
私も次女もとても楽しませていただきました。
次女、二時間もあったのに集中して聴いていました。
ただ、指揮者がぴょんぴょん跳ねててすごかった、と独特の感想を言ってます。
眠らせてくれないほど、素敵な演奏でした。
まあ連勤後の疲れより、今朝だけの疲れの方がはるかに…はっ!最後愚痴でした。
Unknown (ひねりて)
2017-05-21 09:53:09
昨日のお勤めそうとうきつかったようですね・・・
状況が目に浮かびます、お疲れ様

子供の目線はほんと新鮮ですね、
2時間集中できること自体がすごいな
喜んでいただけてよかった、チケットを活かしてもらえてこちらこそてうれしいです!
ありがとうございました
ひねりてさま (ぽきぽき)
2017-05-21 18:00:17
今朝は昨日に増して激務でした
クラシック聴いて癒されたいです…。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。