穂高順也の絵本寺子屋 ~絵本の作り方~

絵本作家・穂高順也のイベントご案内&さいたま情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

子どもも大人も育ちあいの場

2015-09-07 23:58:25 | さいたま情報
今日は絵本ワークショップを
行っている場所のご紹介です。

さいたま市にある『てらこやラボ新都心』は、
子どもも大人も、多世代の育ちあいの場として、
空き家だった一軒家の有効利用を考えていた女性が
子育て中の母親達とつながり、昨年オーブンしました。
http://terakoya-labo.org
https://www.facebook.com/terakoyalab


子どもは放課後の居場所として、
アフタースクールが週2回あり、
そのうちの1日が、穂高が行う絵本ワークショップとなります。

もう1日は、こどもが自分のやりたいことをして遊ぶ水曜日。
そこには、地域の大人がまちの先生としてワークショップを
開いてくれる日もあります。
これまでは、自分たちが使う棚をノコギリや金槌で作ったり
工作では簡単な紙すきをしてうちわを作ったり
お昼寝アートに挑戦したり
演劇と造形を組み合わせたワークを行ったり
月に1回くらいの割合で行われています。
また、裏庭のスペースに自分たちで苗を植えて
野菜を育ててそれをスープにしたり、ピザを作ったり
焼き芋パーティーをしたり。

今週の水曜日は、自転車をこぐとかき氷ができて、
手作りシロップ(こちらはまちの先生の手作りデス)をかけて食べる日です。

こども達の主体性を一番に考えて、自分たちで作れるよう
大人に見守られながら 様々な体験をしています。

昼間は大人の放課後として
地域の方々がそれぞれできる事を持ち寄って
イベントを行います。
おばあちゃんが、靴下の編み方を教えてくれたり
薬膳師の方と参鶏湯をつくったり
ライアーの演奏を聴いたり
浴衣作りも行いました。



またてらこやのスペースを借りて、行われるイベントもあります。
9月11日 シュタイナー子育て連続講座
9月16日から11月11日まで8回連続
叱らない・ほめない・勇気づけの子育て講座~アドラー心理学に基づく子育て講座「パセージ」~
なども行われます。

10月からは地域の方々が集えるコミュニティカフェとして、
5人のオーナーシェフの方々が腕をふるい週替わりでカフェを担当するそうです。
プレオープンは10月5日です。
オープンが待ち遠しいです!



詳しくは
http://terakoya-labo.org
の てらこやラボブログをご覧ください。
Facebookはこちらをどうぞ。
https://www.facebook.com/terakoyalabocafe


ブログランキングならblogram
にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へにほんブログ村
絵本作家 ブログランキングへ
(kuma56記)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 穂高順也の作品はPIBOさんで... | トップ | あらためて思うけれど… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

さいたま情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。