風に吹かれて

風に吹かれて Web of Peace
      

子どものことで嘘はよくないと思うよ。

2017年06月25日 | 子どもたち

今日は梅雨の中休みなのかまだ本番の梅雨ではないのか良く解りませんが、暑いですね。 (^-^;

世の中いろいろありますね。

まっとうな政党と思っていたのに。 下記のリンクをを見てください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歴史をくりかえさないでほしい。

2017年06月11日 | Weblog


見てください そして考えてください。
日本国憲法の理想を実現していく方向に進めましょう。


「戦争のつくりかた」アニメーションプロジェクト-What Happens Before War?-



転載ですが読んでいただけると幸いです。


みなさま、『戦争のつくりかた』という絵本は知っていますか?

Hello all,
Are you familiar with a book called What Happens Before War?


これは2004年、この国が戦争へと近づいていくのではないかと気づいた人たちによって制作された「絵本」です。

This is a picture book produced in 2004 by a group of people who had the realization that Japan might be headed toward war.


しかし、この絵本をいま開くと、驚くべきことに、いまの日本や私たちの日常はその絵本に描かれている「戦争へと導かれていく国」の姿へと日々近づいているように思えます。


終戦70周年を迎えた2015年、新たに戦争の悲しみと不条理を繰り返してはならないと考えた私たちは、この物語を広く伝えるためにアニメーション映像化しようと考えました。

2015 marked the 70th year since World War II came to an end. We thought the sorrow and absurdity of war must not be repeated and decided to make this picture book into an animation piece in order to make the story known to a wide audience.


3.11の東日本大震災とそれにまつわる福島原発事故をきっかけに立ち上げられた映像作家やアーティストたちの集団「NOddIN(ノディン)」が中心となって、日本の数多くのアニメーション作家と共に「絵本の言葉をリレー形式でアニメーション化する」という自主制作のプロジェクトが始動し、構想期間を含めのべ1年以上の制作期間を経てこの短編映画を完成することができました。

“NOddIN” (pronounced NOddIN) is a collective launched by filmmakers and artists in the wake of the 3.11 Great East Japan Earthquake and related Fukushima nuclear power plant accident. With the cooperation of a large number of Japanese animation artists, we spearheaded this self-production with the aim to animate the words of the book round-robin style, and our collaborative project was begun. After over a year of production including the conception period, we completed our short film.


私たち日本に住む国民は、約70年、直接には戦争を経験していない国の中で生きてきました。しかしこのまま行けば、次の世代が戦争を経験することになってしまうかもしれない。
戦争を知らない世代が、自分たちの都合や責任感の無さによって、次の世代に戦争を押し付けてしまうことになるかもしれないのです。

Those of us residing in Japan have lived for the past 70 years in a country with no direct experience of war. If we continue on the way we have been heading, however, the next generation may end up having to experience it. A generation with no knowledge of war themselves may, by their own convenience or through lacking a sense of responsibility, end up pushing it onto the generation following them.

わたしたちはそれぞれにいろんな立場があります。

We each have our own standpoint.


でも、どんなに政治的な議論をしても、それぞれの解釈を持ってしても、「戦争をしてはならない」という想いだけは、誰もが疑いなくイエス!と言えるものであると思っています。


However we might debate it politically, though, and whatever interpretations we might hold, our belief is that the thought we can all say YES! to without question is: “We must not go to war.”

憲法で戦争を放棄すると決めた国、日本。
大きな犠牲のもとに築かれたこの平和な70年という遺産を、次の世代にきちんと手渡しできるかは、私たちひとりひとりが一歩を踏み出せるかどうかにゆだねられているのです。

The legacy of these 70 years of peace — of Japan, this country that made the choice to renounce war constitutionally — was built on great sacrifice. Whether or not that legacy can be passed on to the next generation will depend on the ability of each of us to make a step toward that end.


この作品に協力してくれた数多くの人々に感謝を込めて。
そして、この物語が、多くの人の心に触れ、平和の礎の一つになることを願って。

2015年10月2日
チーム 一同

With gratitude to the many people who collaborated with us on this, and in the hope that this story might touch the hearts of many to become a foundation stone for peace,

The NOddIN team
October 2, 2015

戦争のつくりかた特設サイト
http://noddin.jp/war/

NOddIN HP
http://noddin.jp


カテゴリ
映画とアニメ


ライセンス
標準の YouTube ライセンス

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憲法記念日に

2017年05月03日 | Weblog

良い天気に恵まれた五月の連休初日 憲法記念日 皆さんは何を思いましたか。

私は、主権在民が少しづつ 国家というものに流されていくような気がし怖さを感じています。

今晩は憲法の本などを読みながら夜を過ごしていきます。

「私は君の言うことに反対だ。しかし、君がそれを言う権利は命をかけて守る」

フランスの思想家 ボルテール 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の未来のために

2017年03月26日 | Weblog

 今日は春に向かっての雨でしょうか、ちょっと冷たい雨が降っています。

日々の暮らしを少し振り返り、ゆっくり考える時間ができました。

 政治はこれからまた国民の自由を奪う法案を提出しようとしています。

憲法を改正し弱い人たちを苦しめる政治に向かい戦争ができる国にしようとしているのが見え見えです。 

過去に大きな戦争を引き起こしたのは、日本です。

誰かが勝手に始めたわけではありません。

 みんなが見過ごして、戦争で得をしたい人たちを多く当選させたからです。

 その当時の日本の指導者たちがいろんな法を整備し、戦争により儲かる人たちと組み、

平和主義者、社会主義者、民主主義者、平和的な宗教家たちを取り締まる法律。

 これから審議される「共謀罪」表向きはテロ対策法案とありますが、

根本は戦前の治安維持法と同じと言われています。

 戦争へと導く国の指導者を、私たちは二度と選んではいけないと私は思う。

 そして日本国憲法の理想を実現する方向に舵をきる政府であってほしいと

願っています。 日本の未来のために。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信じたい

2017年03月12日 | 子どもたち

少しづつですが春を感じる 今日この頃ですね。

私は右でも、左でもありません。 しかし世の中が、とても不安でなりません。

 ぜひ下記のリンクを広めて私たちのために、そして子どもたちのために。 

 

https://www.youtube.com/watch?v=cUGu73hnjdY

信じたい日本を。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加