補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

さまざまなキズやへこみがある箇所だけを補修するフローリングリペアという作業は…。

2016年10月01日 10時20分01秒 | フローリング補修

床のどこかを傷つけた人は、ワックスがけを行って、完全に乾いた後にリペアをするといいです。少しの傷なら、ワックスがけしただけで見えなくなると思います。
マンションの床などのさまざまなキズにちょうどいいのが「かくれん棒」という補修剤だと思います。塗布すればフローリングや柱についた小さな傷が判別できなくなり、すぐにきれいに補修できます。
面白みのない自宅の床が憧れのフローリングを敷いたおかげで、自慢のマイホームに姿を変えるのは、あなたにとってうれしい体験ではないですか。
 [PR]フローリング、床の補修はリペアアキ東京・神奈川・千葉、関東一円OK
しっかりした出来を望むとしたら、専門の補修業者にやってもらったほうがいいです。プロの技にかかれば完全に補修部分が目立たなくなります。
さまざまなキズやへこみがある箇所だけを補修するフローリングリペアという作業は、フローリング張り替えにかかる費用の約25%まで費用を節約することが可能だという事です。

ソファなどを動かして部屋の模様替えをした際に引きずってしまい新しい床に傷ができたという話は意外と多いのです。傷をなくすことはできませんが、きちんとリペアすると気にならないまでにすることは可能なはずです。
今どきの住宅で採用される床はカーペットではなくフローリングということが今では普通で、少しのリペアを行えば、お気に入りのフローリングをいつまでも新しいまま楽しむことができるのです。
今は床がフローリングの新築マンションが増加しており、そのせいで専門のリペア業者も増加傾向にあります。そのうえ、前よりも価格が安いというのは本当です。
床の現状次第で、プロならではの納得のリペア作業で、大切なフローリングの修理をします。狭い範囲のリペアから広いリビングの床の補修もやらせていただきます。
手を加えず100%フローリングの乾燥が終わった時点で、少しの量ずつ数回塗り重ね、また放置して乾かしてという過程を繰り返す。この方法がフローリングワックスがけのコツでしょう。

とりわけ、キャスターで自由自在に動くワゴンなどをそのまま使い続けると、へこみ傷などが起こるので、何かを床の上に敷いて傷を防ぎましょう。
一戸建て賃貸の床を日曜大工感覚で補修を実施する方もいないわけではないようですが、よくないですね。言うまでもなくプロがする補修は申し分なくて、私たちがやる補修と全然くらべものになりません。
たいていは床や建具など木製のものの傷は手の施しようがないと考えられていますが、実例を見ると直せるものもあります。きっちり見極めをすることが必要です。
取り替えの値段より安くできる床リペアというやり方は、傷が判別できない状態まできれいになります。賃貸物件の床に合う補修方法として人気があります。
100%無垢フローリングだと、表面も中身も同素材だから、研磨によるリペアが可能だそうです。傷がひどい床なら、ホイールサンダーという電動工具を使うことがてっとり早いでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フローリングの補修あれこれ... | トップ | 床の表面にワックスを塗るこ... »

フローリング補修」カテゴリの最新記事