補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

フローリングの補修あれこれ|一般的な木の補修をあえて言うなら床の補修しかありません…。

2016年09月19日 17時30分11秒 | フローリング補修

わずかなすり傷で限られた範囲のものなら、補修ペンという製品を買うのが手っ取り早いでしょう。数種類がセットで売られている商品もあり、塗り方によって理想の色にすることができます。
念願のフローリングも施工が下手だったり丁寧じゃないと、見かけは素敵なフローリングがくたびれもうけになるのは必至です。みなさんもうつくしくできているのがうれしいと思います。
一般的な木の補修をあえて言うなら床の補修しかありません。家具を移動したときについた傷や物を落下させて作った凹み傷など、床のキズは種類はたくさんなんです。
木製の床はナチュラルでほっとしますが、反面傷は避けられません。椅子の足に傷にならないためのフェルトをつけるのが最も簡単な予防策です。
自ら行うリビングのフローリング補修で活躍する各種材料は、金物店で手に入ります。さまざまなフローリング補修材を眺めてみると、「かくれん棒」という商品が知られています。

家で採用されている床の表面を保護しているものはものすごく薄いコーティングなので、普段の生活の中で使うだけでもはがれてしまったり、外から入ってきた砂粒でよく見ないと見えない傷がつくそうです。
 [PR]フローリングや床の補修ならリペアアキ金属補修もOK!
床の補修剤は、近所のホームセンターや身近な100円ショップで買えます。カラーは、床より濃い色が合います。補修材が目立たず、もともとの床に自然になじむからです。
ソファなどを動かした時にお気に入りの床に傷がついたという失敗はものすごくあります。傷をすっかり直すことはできなくても、リペアすればほとんど見えなくすることは可能です。
残念ながら、ピカピカの床にキズを見つけても焦らなくてもいいです。正しくすぐにリペアするときれいになります。キズの程度によって違うリペアの仕方を調べましょう。
書棚など重みのあるものの置き場所を決めるときに覚えておいてほしいことがあります。長い年月、重さを支える床の設置面に、避けられない傷やへこみがうまれるのです。

大事な床に小さなキズやヘコミがつくのは当然として、ひどくなってきたらリペア補修専門の工務店に補修作業をしてもらって傷を修復します。
大小さまざまな傷や余分な湿気から家のフローリングの状態をキープするには、ワックスを使用するのが重要です。できることなら、1年に2回ほどワックス塗布をするといいのではないでしょうか。
多くの場合家の床など木製製品の傷というのは元に戻せないと考えられていますが、専門家に聞くと意外と大丈夫だったりしますので、きちんと見定めをしましょう。
フローリングの上に施されたシルクマットなどがなくなってしまったフローリング床は、一部分だけにコーティングを塗布して、補修する方法が最適です。
床は普通一部分を入れ替えるのが簡単な作業とは言えず、それをやったとしても新旧の色の差で、変な感じがすることもないわけではないので、リペアを行うのがとてもいいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっとしたスリキズで幅が... | トップ | リビングなどの床に少々のへ... »

フローリング補修」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL