補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

本物のフローリングは木で作られているので…。

2017年03月21日 16時40分01秒 | フローリング補修

大型マンションで採用されている専用のフローリングは無垢素材だけが材料になっているのではなく、合成板の表面の裏に防音効果のあるゴムなどを重ね張りして下の階への音が伝わりにくい仕組みになっています。
フローリングのできたほんのわずかの傷は、クレヨンタイプの専用補修剤を傷になっている部分に塗り重ねると分かりにくくなります。傷がひどいケースは、固形タイプのほうがふさわしいでしょう。
 [PR]フローリング&床の補修はリペアアキ関東一円OK!
本物のフローリングは木で作られているので、尖ったものとぶつけたり荷物の移動なんかの時に傷がつきます。廊下など傷がついた場所次第では、すごくわかります。
繊維の中に水分を貯蔵できる木材のメリットを活用したへこみ傷の手入れの方法は、いわば自然治癒力がある100%無垢フローリングだから可能な優れた補修方法のひとつです。
テープで接着できるようなフローリングが敷いてある場合、今張ってある床の上に重ねて張ることが可能なので、自分の力で気軽に直すことができるんですよ。

ちゃんとした仕上がり具合にしたいのだったら、補修の専門家に頼りましょう。そのほうが完全に補修箇所が目立たなくなります。
俗にいう集成材であれ天然木であれ、多くのフローリングは天然の木を利用しているので、住んでいれば当然少しずつよく使う場所にはたくさんの傷が残ります。
傷が多いといって短絡的に取り替えるのは現実的ではありません。普通の傷は修復やリペアが可能ですから、床材の総とっかえをしなくても厄介なキズを100%近く補修することは簡単です。
現在はフローリングを取り入れたマンションが一般的になってきていて、だからリペアを請け負う業者も数多く登場してきました。そのうえ、前よりも割安だというのは本当です。
キズが浅ければ、東急ハンズなどでいわゆる「床材用補修カラーや補修キット」が売られていますから、床にぴったりの色を買い、自分の力で傷ついた床のリペアすることをお勧めします。

スチームアイロンを当てて大事な無垢フローリングを手入れしてみると、何年も過ぎた無垢フローリングに残った古いへこみ傷も、ほぼ理想の姿になるでしょう。
自宅マンションのフローリング床を自分の力で補修を行う方もいるようですが、よくないですね。絶対にプロの手によるリペア補修は完成度が高くて、一般人がやったものと全部くらべものになりません。
補修したい場所の色と比べてちょっと濃いフローリング傷補修剤を買います。若干深みがあるほうが木の柄と馴染むから、全く気にする必要がなくなります。
大小さまざまなキズがぱっと見では分からないように補修を行うことが、最近のフローリング補修と言えます。それから、フローリングのシミ補修などいろいろな補修のことを業界では「リペア」という言い方もあります。
床をリペアすることがどうしておすすめかというと、短時間のリペア作業をすればOKです。コストや手間を減らすと同時にできるだけ新品の状態に近づけます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一般的な住宅・賃貸マンショ... | トップ | 犬や猫などペットの尿のシミ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL