補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

ちょっとしたスリキズで幅が狭ければ…。

2016年09月18日 10時30分00秒 | フローリング補修

自分の目で確かめると専門家のリペアは最高で、作業が終わった後の状況はというと、一生懸命探さないとどこの場所をリペア補修したのかほとんど気づきません。
最近の住宅で採用される床は畳ではなくフローリングであることがとても多く、小規模なリペアを行えば、大好きなフローリングを何年も好ましい状態で楽しむことができるのです。
深刻な傷や深いへこみ傷の場合は、例えばかくれん棒といったリペア材を買うといいですが、それ以外の道具もいるので、補修業者に聞くのが適切と言えます。
床に何かをぶつけてこしらえてしまったちょっとした傷や、思い出の家具にこしらえてしまった傷は、木の素材のものならリペアできると言われています。プロフェッショナルに頼めば、すべてのキズが補修できると言われています。
ちょっとしたキズであれば、1回で5〜10か所の床の傷をリペア可能だとプロは言います。ということは、工務店に発注するのであれば少しだけでなく、ある程度の数の傷をお願いしましょう。
 [PR]フローリング&床の補修はリペアアキ金属補修もOK!

スチームアイロンを使って大事な無垢フローリングを手入れしてみると、何年もたった100%無垢のフローリングの厄介な凹みキズも、まったく新しい状態になるものです。
特別な道具を使わずに気楽に修理できる、憧れの無垢フローリングの各種の傷。自分の力でできる補修方法を取り入れて、無垢材のフローリング床のメリットを思う存分享受しましょう。
新築時、表面に施されたクリアー塗料などがなくなってしまった家のフローリングがあったら、その部分だけ専用ワックスを塗布して、補修するといいです。
賃貸アパートから引っ越す時は、当然原状回復(部屋を初めと同等の状態に復旧させる)が大切です。中でもフローリングの摩耗具合は気をつけなくてはなりません。
フローリングのすごく細かいキズは、補修用クレヨンを傷になっている部分に塗布すれば見えなくなります。深刻な傷の際は、いわゆるパテタイプのほうが便利と言われています。

床の傷は気になり始めると気になって困りますが、DIYコーナーで売っているリペアセットを用いることで、自力ですぐにさまざまな補修ができるんです。
ちょっとしたスリキズで幅が狭ければ、補修ペンという製品を使うのが普通です。数種類がまとめてセットになっている商品もあり、何度も塗ると理想の色にすることができます。
台所の床に焦げ跡なんて悲しい!フローリングの床材の交換なんて大がかりなことをしなくても簡単なリペア(補修)でいいということをご存知でしたか?床材全体の交換をしようとすると手間もコストも比べものにならないほど大変なことです。
今では日用雑貨店などで修復剤が買えることに反映されている通り、“木材でできた床や家具のキズを直すこと”はありふれたことなんです。
家の床が傷ついていた際は、ワックスがけを行って、完全に乾いた後にリペアしましょう。わずかなキズなら、ワックスがけしただけで気にならなくなってくれます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フローリングの補修あれこれ... | トップ | フローリングの補修あれこれ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL