補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

何の変哲もない家の床が今どきのフローリングにリフォームされて…。

2017年05月18日 15時10分05秒 | フローリング補修

本物のフローリングは材料が木なので、尖ったものを転落させたり何かを引きずったりするとすぐに傷がつきます。廊下など目につきやすい場所だと、予想以上に気に掛かるでしょう。
工務店の知識がちがうと床のリペアの結果は変わります。工務店の経験値を重視し、お願いするプロフェッショナルを決めるのが大切です。
サネという名の突起がフローリングの木材に両サイドには作られています。この凸と凹によって、しっかりと貼り合わせることにつながると言えます。
 [PR]フローリングや床の補修はお任せリペアアキ東京・神奈川・千葉
絵を描くように柄を塗れる筆ペンの形をした補修材も使用すれば、フローリングの柄が木目になっている際は、いい感じで傷をごまかすことが可能です。
湿らせたぼろ布で床をそっとこすって、傷が深くなければ一瞬傷がなくなり、中程度の場合はだいたい消えます。ですが、どうしても傷が薄くならなければ難しい状態と言われています。

相当の傷や大きなへこみ傷なら、例えばかくれん棒といったリペア材を使用します。それ以外にも専門のツールも使うので、プロフェッショナルに意見をもらうほうが安全だと思います。
キズが浅い場合なら、キズができた箇所に床より濃いめの色のいわゆる補修用クレヨンをつけて、浮き上がっている分を雑巾で拭き、フローリングワックスで保護します。
何の変哲もない家の床が今どきのフローリングにリフォームされて、大好きな空間に姿を変えるのは、あなたにとってうれしい体験と言えます。
一般的な集成材であれ天然木100%であれ、たいていのフローリングはいろいろな木素材を利用しているので、普通に暮らしているだけで少しずつどんな場所にも多少の傷が増えるのは避けられません。
完璧な出来を希望する方は、補修専門の工務店にやってもらったほうがいいです。そうしたほうがほぼ補修が済んだ場所が消えたようになります。

繊維の間に水分をため込める木の類まれな特徴を巧みに利用した凹み傷のお手入れ法は、自己再生能力を持った100%無垢フローリングだから可能なぴったりのお手入れでしょう。
補修が終わって、傷を直した箇所をあちこちから調べたけれど、どこにあるのかわかりません。やはりプロ!リビングの床のキズを持て余している人は補修という手がありますよ。
床の材料に傷があるのではなくとも、放置すれば、汚い部分がひどくなったり、傷が拡大する場合があるので、すぐに手を打つことが効果的だと思います。
キッチン回りなどはフローリングの筋など、さまざまな傷みが散見されます。大きなマットやカーペットでおおわれていて分からなかったけど、なんと目も当てられないキズができていたという貸主も珍しくありません。
新築マンションで敷かれる床はフローリングということがほとんど当たり前ですが、少しのリペアさえすれば、大好きなフローリングを長きに渡って好ましい状態で楽しむことができるのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 整理ダンスなど大型の家具の... | トップ | フローリングの補修あれこれ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL