補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

長い年月置いた家具が重くて大事な床がくぼんだなど…。

2017年03月06日 19時40分00秒 | フローリング補修

テープで接着できる仕組みのフローリングを使ってるなら、もともとの床材に重ねて張ればいいので、自分で気楽にリフォームを行うことができるそうです。
フローリングのすごく細かいキズは、色の合ったクレヨンタイプの補修剤を傷の場所に塗り重ねると目立たなくなります。相当の傷の場合は、パテタイプのように固形に近いものがいいと考えられています。
 [PR]フローリング&床の補修はリペアアキ関東一円OK!
張替えにかかる工事費や材料費と比較して低価格でできる床リペアというやり方は、傷がわからなくなるくらいまで直せます。借家にふさわしい補修のやり方だと言えます。
わざとじゃないけどリビングの床に重い物を落として、新築のフローリングに傷を残した経験もあると思います。フローリングリペアによって、床に発見した傷を消しましょう。
きれいな床は何かがぶつかったりソファーなどの家具を動かすせいで傷ができてしまうし、犬や猫などのペットによっても大事なフローリングが傷になってしまいます。

業者の技術次第で床のリペアは完成度が異なります。プロフェッショナルの知識にも注目し、補修を依頼する専門業者を選ぶようにしましょう。
リペア専門業者によると、プロが用いるツールと普通の人が使う道具はどこが違うのかを問うてみたら、「さほど差はない」という話だったんです。
補修完了後、傷があった箇所をよく眺めてみましたが、さっぱり見つかりません。プロはさすがですね!!そこら中にある床のキズをあきらめている人も補修はすごくお勧めです。
最後の仕上げに鈍い光沢のウレタン塗料やつや消し剤をセレクトすると、床表面のたくさんの傷が目立ちにくくなり、メンテナンスの時期をさらに延ばすことができるんですよ。
床の消耗程度を考慮に入れて、経験豊かなリペア工事で、フローリングのお手入れをします。狭い範囲のリペアからお部屋全体の大規模床補修もやらせていただきます。

長い年月置いた家具が重くて大事な床がくぼんだなど、たいしたことなくても生まれる手ごわいキズ。キズの程度は関係なくプロの技術があればOKです。
濡らして絞った古いタオルで床を拭いて、軽い傷なら一瞬傷がなくなり、ほどほどの傷なら目立たなくなります。しかしながら、どうしても傷が薄くならなければかなりの重症でしょう。
ワックス済のリビングのフローリング床も、剥離剤を使って全部塗ってあったワックスを除去してから新たに塗ると、新築当時のフローリング床を維持することができるはずです。
今普及している材質のフローリング床。掃除が簡単で、リビングでもダイニングでも、どこでも好きなように採用していいのがメリットと思います。
毎日の扱いとしては乾拭きをして、浅い傷が見つかったら、お手持ちの補修用ペンやクレヨンを使用してその場で補修することがフローリング管理のキーでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リビングのフローリングや柱... | トップ | ありふれた自宅の床が新しい... »

フローリング補修」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL