補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

長年置きっぱなしの家具の重さで床の一部が歪んだなど…。

2016年10月15日 17時10分00秒 | フローリング補修

もしも、木材でできた床にキズを発見した時も問題ありません。ちゃんとしたやり方でリペアしてあげれば目立たなくなります。キズの種類に合わせたリペア術を採用するといいですよ。
室内で飼っているペットの尿のシミはもちろんのこと、意外にも多いウォーターサーバーが原因の補修。フローリングは木でできているから、発見した時にはもう遅くてシミ汚れできているケースがほとんどのようです。
リビングなどの床に少々のへこみや傷が残るのはいたしかたないとしても、無視できない程度になったらフローリングリペアをしてくれる専門業者に補修工事をやっていただいて気になるキズを消してしまいましょう。
補修が必要なところと並べて色がちょっと濃い目のフローリング傷補修剤を選択するといいです。若干濃い目の色は木目になじむので、全く判別できなくなります。
自分の家の床を業者に頼まずに補修してしまう方もいないわけではないようですが、よくないですね。絶対にプロの手による補修は仕上がりがよく、アマチュアの補修とは全然別物なんですよ。

フローリング表面の仕上げにあまり光沢がないシルクマットというウレタン塗料などを選ぶと、フローリング床の浅い傷が見えづらくなり、保守周期をさらに延ばすことができるそうです。
わずかなすり傷で広範囲に広がっていなければ、補修ペンというものを使用するのが一般的です。何本かセット売りされているものもあり、塗る量次第で色味を調節することも可能です。
ただの自宅の床が新しいフローリングを敷いたおかげで、自慢のマイホームへと生まれ変わるリフォームは、誰にとっても願ってもない瞬間のはずです。
床に物を誤って落下させてつくったささやかな傷とか、思い出の家具にのこってしまった傷は、木製ならリペアできると言われています。専門家なら、程度にかかわらずキズの補修に不可能はありません。
今のフローリングや建具に傷を見つけ、専門家に依頼しました。出来栄えは、はたしてどの部分に傷がついていたのか気づかないほど、完璧です。

机など重みのあるものを設置するなら注意すべきポイントがあります。長期間、重量を支える床に、ありがたくない傷が作られることが避けられないからです。
 [PR]フローリングや床の補修はお任せリペアアキ東京・神奈川・千葉
築何年も経過した中古マンションのフローリングなどにシミが残っている部屋を目にします。シミや汚れはついたらすぐにきれいにすることが不可欠で、そのままにしておくと取れなくなってしまいます。
キズ補修は専門家にやってもらうのが最も納得できる方法だといえます。その場限りの補修でなくて、傷の原因から傷を修復するのを目指すため、最初のうつくしい状態になります。
ポピュラーな材質が木のものの補修は床補修の他にありません。引っ越す時にできたひっかき傷や重いものがぶつかってできた凹みキズなど、気になるキズもケースバイケースのようです。
長年置きっぱなしの家具の重さで床の一部が歪んだなど、ちいさなことで作られる嫌なキズ。深い傷も浅い傷もプロフェッショナルに頼めば全部きれいになります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 繊維の中に水気を取り込む木... | トップ | 家の床にワックスを塗ること... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL