補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

キッチン回りなどはフローリングの筋など…。

2017年06月22日 16時30分08秒 | フローリング補修

家の床の嫌なキズは大型から小型まで、広すぎないサイズなら、“フローリング専用のキズ補修剤”という名の製品を使って自分で補修することができるようです。
マンションの中でたいへん傷みが進みやすく老朽化が起こりやすい「床(フローリング)」は、新品の時の完成度はもちろんのこと、保守が必要不可欠だと言われています。
床というものは部分的な張り替えが簡単ではありません。交換しても色味が合わず、浮き上がってしまう場合もあるので、リペアという方法が何よりもいいと思います。
 [PR]フローリングや床の補修はお任せリペアアキ東京・神奈川・千葉
丈夫な床でも何かが落下したりテーブルなどの家具を動かす時にどうしても傷が作られるし、犬や猫などのペットによっても大事なフローリングに傷が残ってしまいます。
全部交換するしかないほどの深いキズでないなら、売られている補修剤を買って補修にチャレンジするほうが安く済むし簡単だという利点も忘れてはなりません。

いろいろな傷や余分な湿気から傷や汚れに弱いフローリングをきれいに維持するのには、ワックスを使用するのが重要です。ペースとしては半年に1回行うといいでしょう。
最後の仕上げに鈍い光沢のいわゆるシルクマットやつや消し塗料を選ぶと、床材の大小さまざまな傷がわかりにくくなり、メンテナンスの時期を先延ばしにすることができるそうです。
フローリング床に傷がついた人は、ワックスがけを行って、乾いてからリペアを実施します。わずかなキズなら、ワックスを塗り込むと見えなくなってくれます。
賃貸が済んだマンションを出るときは、約束通り原状回復(一番最初と違わない状況に復旧させる)が求められます。とりわけフローリングの床は確認が必要です。
一般論として床や扉など木材に傷ができてしまったらまず消えないとされますが、専門家に聞くと直せるものもあります。ちゃんと点検しましょう。

キッチン回りなどはフローリングの筋など、摩耗が多いです。お気に入りにマットなどで隠れて気づかなかったけれど、ふたを開けてみたらすごい傷があるという家主もかなりいるはずです。
集合住宅で使用される専用のフローリングは100%無垢の木から作られているわけではなく、合板と合板の間に防音の働きがある特殊材を重ね張りして下の階への音が聞こえにくくしているのです。
いわゆるフローリングは材料が木なので、置物などを落下させたり椅子を引きずっただけでも傷が残ります。居間など場所によっては、予想以上に気になります。
フローリングリペアとは何かというと、やっかいなキズやしみを、遠目にはわからないくらいまで除去するプロセスで、賃貸アパートにおける原状回復のための工事のコストを抑制することが可能になります。
大切な床の数多くの傷に見舞われた時は、リペアのための補修剤を活用して修復を試みることはとても大事ではないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 専門業者の高い技術を使った... | トップ | マンションの仕様の中でもと... »

フローリング補修」カテゴリの最新記事