補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

自宅マンションのフローリング床を日曜大工感覚で補修を実施する人の話を聞きますが…。

2016年10月19日 19時40分01秒 | フローリング補修

一般的な住宅・分譲マンションのフローリング補修を行う時は、フローリング交換と比較して、交換する大変な作業が少しで済むから、割安で納得の結果が得られます。
床周りに起こる数多くの問題に見舞われた時は、リペア用の補修剤で修復を試みることはすごく大切でしょう。
無垢の木は“生きている”と言っても過言ではありません。したがって、重症の傷はともかく、施工直後に補修するのは避け、半年位なりゆきを見守ってからやるべきです。
交換ではなく床リペアを選ぶことのどこにメリットがあるかというと、小さなリペア実施で終わります。価格や時間を低くしつつ可能なだけ新品の状態に直します。
自宅マンションのフローリング床を日曜大工感覚で補修を実施する人の話を聞きますが、避けたほうがいいと思います。どうしてもプロの補修やリフォームは完成度が高くて、私たちがやる補修と何から何まで似て非なるものです。

キッチンの床に小さなキズやヘコミが残るのは避けられないとして、大きくなってきたらリペアや補修をしてくれる専門業者に完璧な補修を頼んで傷のお手入れをしてはいかがですか?
本棚などを移動させたせいで大事な床に傷がついたという失敗はよく聞きます。傷をすっかり直すことはできなくても、リペアすればほとんど分からなくすることは可能なはずです。
汚れやキズが残ったら、フローリング床専用の各種補修剤を使って直すことが可能です。まったくの新品とまではいきませんが、だいたいは目立たなくなります。
サネという呼び名の凸型の突起がフローリングの木材の両端には加工されています。この仕組みがあるおかげで、きちんとかみ合わせることが可能になるそうです。
 [PR]フローリングや床の補修ならリペアアキ金属補修もOK!
放置して余すところなくフローリングが乾いたら、うっすら何回か塗り重ね、急がずに乾燥してまた塗布する。このやり方がフローリングワックスがけのコツとしてお勧めです。

別に床の材質にこだわりはない人は、「複合フローリング」という床にすれば大丈夫だとだれもが認めるほど、バランスのいい優秀な床材と言われています。
床の素材に深い傷が残ったというわけでなかろうと、何も手入れしないと、剥げた箇所がひどくなったり、傷が拡大する場合があるので、早めに策を講じることが大切です。
ほとんどの床は一部分を入れ替えるのがとても難しいのです。張替えを行っても色味が合わず、しっくりこないケースも珍しくないので、リペアという作業が何よりもおすすめです。
本棚など重量のある家具の置き場所を考えるにあたって覚えておいてほしいことがあります。長い年月、負担がかかる床の特定の箇所に、傷が生じることが避けられないからです。
繊維内部に水分を吸収する木材のすぐれた性質を巧みに利用したへこみ傷のお手入れ法は、自己回復力のある無垢材のフローリング床だから適用できる優れた補修方法のひとつです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 賃貸マンションの床を自力で... | トップ | 床にまつわる数多くのハプニ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL