補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

数種類の材料を集めた集成材であれすべて天然木のものであれ…。

2017年05月20日 16時30分04秒 | フローリング補修

長期間、負担を受けていたフローリングは木の繊維が壊れへこんでしまいます。木材というものは湿気を吸収するとかさが増すため、そこに着目したリペアのマニュアルがあるので、ぜひトライしてみてください。
身近な道具で手軽に補修できる、お気に入りのフローリングにできた面倒なへこみ傷。プロに頼まなくてもできるお手入れのやり方を取り入れて、無垢フローリングの魅力を楽しみましょう。
 [PR]フローリング&床の補修はリペアアキ関東一円OK!
さまざまなキズが気にならないようにきれいに補修することが、フローリング補修と呼ばれるものということを覚えておいてください。それから、フローリングの凹み補修など一般的な補修のことを「リペア作業」という言い方でも呼びます。
避けられない傷や液体による汚れから傷や汚れに弱いフローリングをきれいなまま保つのに、ワックスを使用するのが効果的です。可能なら半年に1回手入れするといいのではないでしょうか。
今ではDIYショップで修復に必要な道具のセットが手に入るように“フローリング床のキズ消し”は普通の作業になりました。

一戸建て・アパートのフローリング床の補修の場合は、いわゆるフローリングリフォームではないので、張り替えの大変な作業をさほど要しないため、費用が抑えられ納得の結果が得られます。
数種類の材料を集めた集成材であれすべて天然木のものであれ、たいていのフローリングは木材を使用していますから、使ったら使っただけ時間がたつにつれどんな場所にもちいさな傷が増えるのは避けられません。
家の床にキズを付けてしまったら、総交換となると相当の費用が必要になりますが、単なる床リペアなら気になるキズに限定して上手に補修するだけだからお財布に優しい!
相当の傷や広範囲の凹みキズなら、かくれん棒といったリペア材を使用します。それ以外の道具がないとできませんから、プロに質問するのが適切だと思います。
完全無垢材のフローリングはどういうものかというと、表面も芯も同一の木材ですから、表面を磨くことができます。傷がひどいケースは、専用工具の使用がてっとり早いでしょう。

特別に床材の種類をえり好みしないあなたは、合板を使った「複合フローリング」にすれば大丈夫と言われるくらい、耐久性と見た目のバランスがとれた良質の床材と言われています。
小さなキズやへこみのある場所だけを補修するフローリングリペアという作業は、交換の価格の3割弱まで予算を抑制することが可能です。
マンションの中でたいへん傷みが進みやすく老朽化の進む「床(フローリング)」は、完成時の質のほかに、保守管理が必要なんですよ!
わずかなキズなら、一日あたり最大10か所ぐらいはリペア可能だと聞きました。ですから、工務店に発注するのであれば1個だけでなく、少なくとも5箇所は依頼するといいですよ。
床の材料に傷がある場合以外でも、何も手入れしないと、色褪せた場所が悪化したり、傷が拡大する場合があるので、素早い対応が有効です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フローリングの補修あれこれ... | トップ | 家の床に汚れや傷が残るのは... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL