補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

おうちの床や木製家具のいろいろなキズの補修には「かくれん棒」シリーズでしょう…。

2017年07月14日 12時10分03秒 | フローリング補修

無垢の木はいわば“生命体”。なので、放っておけないほどの傷の他は、施工後間をおかずに補修するのは我慢して、少なくとも季節が変わるまでは変化を観察して始めましょう。
注意散漫のせいで新品の床に重い物を落として、自慢のフローリングに思いがけない傷をつけた経験があるでしょう。フローリングリペアという方法を利用して、床に発見した傷の補修をしましょう。
殺風景なリビングの床が流行のフローリングを敷くことで、お気に入りの空間へと生まれ変わるのは、みなさんにとってうれしい体験のはずです。
 [PR]フローリング&床の補修はリペアアキ関東一円OK!
ほとんどの場合床や扉など木に傷がついたらまず消えないとあきらめてしまいますが、実際はそういうわけでもないようですから、十分に見定めをすることが求められます。
避けられない傷や余分な湿気から家のフローリングの状態をキープするには、ワックス塗布がいいと思います。無理じゃなければ1年に最低2回はやるといいと言われています。

木製の床は歩いていて気持ちよくほっとしますが、一方で傷ができやすいとも言えます。たんすの裏側などに傷にならないためのシートを貼っておくのが傷防止には有効です。
床にできたうれしくないキズは広範囲のものから狭い範囲のものまで、ひどすぎないサイズだったら、“フローリングにも安心のキズ補修剤”という名の製品を使って気楽に補修することができるのです。
絵を描くように柄を塗れる補修材も買っておくと、フローリングの模様が木目の雰囲気である家は、予想以上に消すことができるとのことです。
フローリング床の総とっかえに進む前に、部分的な補修でOKなものは数多くあります。シミを補修するのは汚れやへこみのキズ補修に比して長くかかりますが、かかるお金は張り替えにかかる値段より格段に低くなります。
設備の中でたいへん傷みが進みやすく磨滅をまぬかれない「床(フローリング)」は、新築時の仕上がりのほかに、これからの手入れが大切でしょう。

フローリング業者がやる床補修は、大きなキズ、ヘコミ、水汚れなどを新品とまがう床に補修してくれます。全とっかえするのではなくて、市販の補修材を使って補修が行われます。
床の現状をみて、経験が生かされたリペア工法で、フローリングのお手入れを実施します。ちょっとしたリペアから広いリビングの床丸ごと補修もできます。
傷ができたから単純に取り替えるのはどうかと思います。ほとんどの傷は補修やリペアができますから、交換しなくても嫌なキズをきれいに補修することはできます。
賃貸住宅を退去するときには、もちろん原状回復(入居前と違わない状況に戻して返却する)が不可欠です。とりわけフローリングの使用状況は注意しなければなりません。
おうちの床や木製家具のいろいろなキズの補修には「かくれん棒」シリーズでしょう。塗布すれば大切なローリングや柱に作った浅いキズが気にならなくなり、気楽に補修することができるんですよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一戸建て・集合住宅のフロー... | トップ | 気を付けていたのにへこみや... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL