補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

繊維の間に水気を取り込む木のありがたい特性を活用した凹み傷の直し方は…。

2017年06月14日 11時10分18秒 | フローリング補修

床リペアを行うことがなぜいいかというと、小さなリペア作業だけで済みます。コストや手間を減らすと同時に出来る限り元の形まで近づけます。
年1回の割合で床のフローリングにワックスコーティングすると、面倒なキズがつかなくなります。そうはいっても、何かを落として厄介なキズやヘコミをつくってしまうことが数多くあります。
 [PR]フローリング&床の補修はリペアアキ関東一円OK!
数種類の材料を集めた集成材であれ100%無垢材であれ、たいていのフローリングは何らかの木材を用いているので、住んでいれば当然だんだんとあちこちにたくさんの傷がつくのは当たり前です。
ふつう床や建具など木に傷がついたら消えないと言われていますが、実例を見るとそういうわけでもないようですから、よく見極めをすることが必要です。
現場での作業を眺めているとプロの業者のリペア作業は見事で、完成後のフローリングはじっと見つめないことにはフローリングのどこに補修が施されたのかほぼ気づきません。

深刻な傷やへこみ傷なら、かくれん棒といったリペア材を使います。他にも道具もいるので、プロに質問するほうが安全と言えます。
一部分だけ交換することも悪くありませんが、同じフローリングの材質を探し出すのは大変で、同じフローリングだと思っても製造ラインや使用場所に違いで、何もかも同じというのはむずかしいことと言えるのではないでしょうか。
私たちが住む家・分譲マンションのフローリング補修をするときは、フローリング張り替えと比較して、取り替える面倒な手間をさほど要しないため、費用が抑えられ美しい床が手に入ります。
避けられない傷や水の飛び散りからデリケートなフローリングをうつくしいままキープするには、ワックスを使用するのが効果的です。できることなら、1年に2回ほどワックス塗布をするといいそうです。
繊維の間に水気を取り込む木のありがたい特性を活用した凹み傷の直し方は、自然治癒力をもった無垢材のフローリング床だから適用できる優れた補修方法と言われています。

ほとんどの床は一部を交換するのが簡単な作業とは言えず、張替えを行っても床材の色が違って、浮き上がってしまう場合もあるので、リペアを行うのがとてもうまくいきます。
何年も、重みを支えていたフローリングは木の繊維が壊れ沈み込んだようになりがちです。もともと木は水分を含むと膨張するものだから、これを逆手に取ったリペアのコツは有名です。
新築時、表面に塗布されたシルクマットなどが薄くなってしまった廊下などのフローリングをなんとかするには、まだらになった場所にクリアー塗料などで補修しましょう。
専門業者の技術レベルで床のリペアは完成度が異なります。専門業者の経験を重視し、補修を依頼する業者を選定することが重要です。
家のフローリングをきれいに敷くコツは、最初の列をなめらかなカーブにすることです。なぜなら敷き始めは、すべてのベースとされるからです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フローリングの補修あれこれ... | トップ | 床のフローリングをきれいに... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL