補修屋一代記!フローリングや床の補修を楽しくご提案!

知らない間についつい傷つけてしまったフローリングや床を補修技術によって元通りにいたします。金属補修もOK!

新築マンションなどで採用されている防音効果のあるフローリングは100%無垢の木から作られているわけではなく…。

2017年08月09日 21時20分02秒 | フローリング補修

浅いキズなら、1回で5〜10か所ほどであればリペアで補修できると思います。ようするに、業者に頼むのなら1か所にとどまらず、少なくとも5箇所は依頼したほうが得ですね。
マンションの床に傷ができた人は、ワックスを塗布して、乾いてからリペアしましょう。ほんの小さなキズなら、ワックスを塗っただけできれいになると言われています。
日々その上を歩くことで少しずつフローリングの塗装は薄くなりますが、しっかりと維持されている床と放ってある床では、あっという間に明らかな違いに気づきます。
補修する箇所の色と比べて少々濃い目のフローリング傷補修剤がおすすめです。少々濃いものは木目になじむので、全く目立たなくなります。
世間ではDIYショップで修復専用のキットが買えるくらい“木を素材とするフローリング床のキズを直すこと”は普通の技と言えます。

家の床の嫌なキズは大型から小型まで、大きすぎないものならば、“フローリングに使えるキズ補修剤”という名の製品を買ってあっというまに補修することができるそうです。
床の傷は気になり始めると気になってしょうがなくなりますが、日用雑貨店で売っているリペアセットを上手に活用することで、素人でもすぐに傷の補修が可能になります。
新築マンションなどで採用されている防音効果のあるフローリングは100%無垢の木から作られているわけではなく、合成板の下にさまざまな防音材を張って階下への騒音が聞こえにくくしているのです。
硬く水分を絞った布で床を軽くこすって、傷が深くなければその時は傷が消滅し、中くらいのレベルならかなり見えなくなります。残念ながら、それでも傷が目立っているならかなり深刻な状態です。
今どきの住宅に見られる床はフローリングになっていることがとても多く、手軽なリペアを行えば、大好きなフローリングをいつまでもきれいに楽しむことができるのです。

普通の家屋・賃貸アパートのフローリング補修をするときは、フローリング取り替えと異なり、全とっかえする大変な作業を必要としないので、値段も安く新品同様の床になります。
 [PR]フローリング&床の補修はリペアアキ金属補修もOK!
サネという突起部分はしっかり接合していることが重要です。でないとフローリングがガタガタして、ぱっと見がとても悪いのです。
オープンキッチンの床が焦げてしまった!フローリングの床材の取り替えまでしなくともリペア(補修)すればいいということをご存知でしたか?フローリング材の張り替えとなると手間もコストも比べものにならないほど大変なことです。
よく見ないと分からないほどのフローリング傷は、いわゆる補修用クレヨンを傷になっている部分に塗りこむだけで目立たなくなります。傷が重症のフローリングの場合は、いわゆるパテタイプのほうがおすすめと言えるでしょうね。
もしも、木材でできた床にキズを作ってしまった場合でも大丈夫です。ふさわしい方法でリペアを実行したらほとんど見えなくなります。キズの深さや広さに合わせたリペア法をご紹介します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロフェッショナルに依頼す... | トップ | 他と比較して湿気がよくない... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL